「もうひとつの渡辺豊重」展が始まりました。(もうひとつの美術館)

もうひとつの美術館にて秋の展覧会「もうひとつの渡辺豊重」展が9月17日(土)より始まりました。

16-3渡辺豊重_outline

もうひとつの渡辺豊重(裏)

渡辺豊重は1931年東京に生まれ、現在も日本の現代美術界の第一線で活躍する作家です。色彩豊かに、独特のリズム感、ユーモア、エロス、ウィットを持ち、“生きる”ことの歓喜や哀愁を表現してきました。1990年より、那珂川町(旧馬頭町)にアトリエを構え、創作の拠点を移していくあいだに、作品はそれまでと変わり、「鬼」シリーズ、さらに東日本大震災後には「動刻」シリーズへと展開していきました。80歳を越えても創作意欲に燃える渡辺は、地域の芸術文化の普及と啓蒙に協力しつつ、今もこの地に根ざした、新たな 制作に挑んでいます。

本展覧会では、新作を含めた渡辺豊重の2000年以降に制作された作品を中心にご紹介し、また渡辺豊重による作品公開制作なども開催いたします。

 

どうぞお誘い合わせの上、ご来館ください。お待ちいたしております。

=============================================

◉「もうひとつの渡辺豊重」展
●会  期
2016年9月17日(土)−12月11日(日)
●休  館  日
月曜日(但し、祝日の時は開館し、翌火曜日休館)
●開館時間
10:00—17:00(但し、入館は16:30まで)
●料  金
大人 800円、大学生 500円、
小中高生・70歳以上・障がい者・重度の方付添い 400円
団体(20名以上) 1割引(要予約)
●後  援
那珂川町、那珂川町教育委員会
●助  成
栃木県経済同友会 第10回社会貢献活動支援助成
公益財団法人朝日新聞文化財団

◎渡辺豊重 公開制作
○開  催  日
10月1日(土)、9日(日)、16日(日)、23日(日)[予備日として、10月2日(日)]
○時  間
13:30〜(予定)
○料  金
無料(但し当日入館チケットが必要)

◆ワークショップ
◇妻木律子ダンスワークショップ
□開  催  日
11月27日(日)
□時  間
13:30—15:30
□講  師
妻木律子(南宇都宮にあるスタジオbe offを拠点に国際的にも活躍するダンサー)
□料  金
大人 1,000円+当日入館料/子供 500円+当日入館料
※参加の際には、バレエシューズなど靴底がきれいな上履きをご持参の上、動きやすい格好でご来館ください。
(狭いですが、更衣室もあります。)

★posted by『mob』★

コメントは受け付けていません。