なごみの里のフォルクローレを聴きに行ってきました。自然の中の音楽会、すばらしかったです。

昨夜半からの雨もあがって、今日はこれから気温がグングン上がるとか。
先日作ったトマトなどのための畝もしっかり水を吸っていて、これからマルチをかけ移植します。たぶん明日の作業?

さて、昨日は、午前のお店番をさぼって(花風49番那珂川町竹工房をやっています)、近くで開催される音楽会を聴きに行きました。

花の風まつりの62番行事「なごみの里でフォルクローレ」です。

盛泉地区にあるなごみの里公園は、カタクリ、水芭蕉をはじめ野草の宝庫で、山や谷をいくつも含んだ広大な公園です。施設は、道と東屋くらい。森林浴をしながら花を見ながらもっぱら歩く公園です。これがすべて地主さんはじめボランティアのかたがたの努力のたまもの。枝の整理、草刈り、道路の補修、危険な場所を示す看板など、その労力は大変なものだろうと思います。(冨山のイワウチワのお山も同じ考えです)

知り合いの元校長先生を中心とするフォルクローレのグループが、森の中の演奏という初めての試みに挑戦しました。

道ばたに今日の案内とプログラムが置いてありました。それを取ってから山道に入ります。しかし、行けども行けども会場らしきところはみつからず、偶然同行した5,6人で途方に暮れていたら、山の上の方に人影が!そのうちケーナの音が流れ始め太鼓や歌声も聞こえ始めました。ベンチがあるちょっとした広場で待っていると、メンバーが降りてきて、演奏会が始まりました。

新緑、春の風音、野鳥の鳴き声、小川の流れる音などと相まって、ケーナのよく伸びる音がとけ込みます。

m-IMG_20160503_111533763

 

m-IMG_20160503_111436370
音をちょっと↓ 20秒あたりから始まります。スマホでの録音ですから、ひどいですが。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/35917685/2016-05-03_11-23-25.wav

気持ちの良い1時間のコンサートでした。
終わって山道を降りていくと、途中の東屋でボランティアの方や地主さんがお茶や山菜おこわ、漬け物おひたしからようかんまで、ごちそうしてくれました。なんてすばらしい土地柄なのでしょうか!

自然の中のコンサート…毎年開かれるヒロクラフト主催の「田んぼで馬頭琴」、昨年うちでやった森の中の小さな音楽会、そして今回の森の中のフォルクローレ。那珂川町の自然のすばらしさをさらに引き立たせてくれる企画だと思います。 もっと増えてほしいですね。

 

(宣伝)那珂川町竹芸会の「竹工房」、地図番号49です。ぜひおいでください。

地元の竹を使って地元の名工たちが作る竹工芸品。

展示と即売会です。地元価格です!

m-IMG_20160501_152423661

m-IMG_20160501_15243960

★posted by『くさぼうぼう』★

コメントは受け付けていません。