【那珂良しラジオ】小砂焼 春の陶器市

那珂川町で「焼物」と言えば「小さい砂に焼く」と書いて「小砂焼」♪
江戸時代に水戸藩主徳川斉昭(なりあき)が、小砂で陶器に向いている
良い土を発見しておよそ200年・・小砂の土でなければ出ないという
金色の釉薬「金結晶」というのが特徴です。
那珂川町小砂の藤田製陶所ではこの「黒い釉薬に黄金色の斑点」という
伝統が受け継がれています。
(。・ω・)ゞ

5月4日(土)5日(日)に藤田製陶所で
春と秋に行われている『小砂焼 春の陶器市
by 小砂焼陶芸の里体験センター組合』では
那珂川町の窯元さんたちの作品をリーズナブルな価格で
Get出来たり地元の方が提供する人気のつきたて杵つき餅や
激ウマのフードも登場するそうです♪
ウヒョーォヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ。・:*:・゚’★,。・:*:♪

そんな小砂陶器市でお気入りの器を見つけるのも
楽しみですが・・お気に入りのオリジナル陶器を
作ってみませんか?
.。.:*・゜(n`∀´)η゚・*:.。.

「藤田製陶所」の敷地内にある「陶器に遊ぶ館」と書いて
「陶遊館」では素焼きになっている湯呑やお皿などに
自由に絵を描く「絵つけ」粘土感覚で作ることが出来る「手びねり」
本格的陶芸体験が出来る「ろくろ」を楽しむことが出来ます。

絵付けは形によって400円~1000円ほどで楽しむことが出来ます。

手びねりはオブジェから実用的な食器や花瓶など・・
アイデア次第でいかようにも作ることが出来るので子どもより
大人が童心にかえっちゃうかも(笑)
~o(*^◇^*)o~ヾ(-_- ;)モシモ~シ?

粘土遊び感覚なんで幼児でも楽しめるので親子で作品を
作ってみるのもいい思い出になると思います♪
(*^ω^)人(^ω^*)

そして!オススメはやっぱりろくろ♪
ろくろってみなさん一度はやってみたいと思ったこと
ありませんか?

ろくろは思った以上に手軽で面白いですよ♪
Shinlyはろくろを始めて1年半が経ちましたが相当ハマってます(笑)
ヾ(@^▽^@)ノわはは

ぐちゃぁ~となってしまっても粘土はおよそ5㎏(笑)
6個くらいは作れるほどたっぷりなので何度でも挑戦できるし
何よりも陶遊館で指導をしている藤田隆夫さんが丁寧に
教えてくれますからご安心を!!
*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

まずは粘土状の土をこねて空気を抜きます。
これは相変わらずShinlyへたくそ(笑)
・・なので素直に藤田さんに捏ねて頂きました(笑)

今回陶器市の取材にあたり番組プロデューサーのゆうにいこと
渡辺裕介アナウンサーが・・

 夏だよねぇ~・・夏と言えば・・ビールと枝豆だよね~・・
 枝豆入れ作って来て♪ ┐(´ー)┌フッ

とのたまったのでわたくし!不肖Shinly!ゆうにいのために
「枝豆入れ」を制作してきました(笑)
v(^ー^* )フフ♪

番組では1個作ったところをお伝えしましたが実はその後も
いろいろ作っています(笑)

この日Shinlyが作った作品は「陶遊館」に置いてありますので
何気に見に行ってください(笑)
。.:*・゚☆(●^▽^)ニコッ・゚☆.。.:*・゚

藤田さんにも上出来!と太鼓判押して頂いた作品は
本当に太鼓判ものなのか・・お世辞なのか(笑)

是非確かめてみて下さい♪
(*^-゚)⌒☆

**************************

「小砂焼 春の陶器市」

アクセス:那珂川町馬頭2710
     
日時:5月4日(土)~5月5日(日)9:00~16:00

絵づけ :400円~1000円(作品による)
手びねり:1000円
ろくろ :1500円(体験料)+焼き上げる作品1品につき1000円

仕上がりまでは1~2か月かかります。
色付けは基本的には藤田さんが作品の雰囲気を見て完成
させてくれますがおおよその色を指定することも可能です。

出来上がった作品は受け取りに来るか宅配も可能です(送料別途)

お問い合わせ:0287-93-0703

タグ:

★posted by『batoinfo』★

コメントは受け付けていません。