【那珂良しラジオ】船大工 長島さん

那珂川町久那瀬に住む長島 茂さんは
和船を作り続けて 50年以上!

船大工が減り続けるなか、長島さんは今もなお舟を作り続けています。

今回は、そんな長島さんのインタビューをお届けしました。

船大工の長島 茂さんが住む久那瀬地区には、
那珂川の水運の要所として 河岸がありました。

そのため かつては 和船造りを生活の糧としていた人もいるそうです。

長島さんは もともとは大工さんで、
友人でもある 近所の船大工さんを手伝ったのが
船造りを始めたきっかけでした。

家と舟とでは まず使う材料が違います。
家の建築では 白太(しらた)の木材が好まれますが、
舟の場合は、節がいっぱいある赤身の木材を使います。

節がある赤身のものは、腐りにくく丈夫で
たとえ石の上に乗り上げてしまったとしても割れにくいそうです。

また、和船の特徴といえば 船のへさき の美しい曲線です。

『 木を反らせる 』ということは、それほど難しくはないのですが
木によって曲がり方が違い、角度も変わってきてしまうので
木の質をよみ、同じように形を合わせるのが非常に難しいそうです。

だいたいの基準はあるものの、
そこにいかに近づけるかは まさに職人の長年の勘と技です。

今でこそ、同じように舟を作ることができますが
長島さんも はじめのうちは 隙間ができてしまったり
どちらか一方の板が足りなくなってしまったりもしたそうです。 

そんな長島さんが作る舟の真ん中には 生け簀(いけす)が
備えつけてあり、水も自然と入るようになっています。

まさに アユを釣るための舟 !!

6月1日の解禁に合わせて、
長島さんのところに 今年も舟の注文が届いてきています。

映える緑に 清流 那珂川、そして昔ながらの和船に乗る釣り人。

そんな趣のある光景がまもなく見られそうです。

アユを釣る!食べる!ばかりでなく、
和船のある景色にも ぜひ目を向けて見てください。

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

タグ:

★posted by『batoinfo』★

コメントは受け付けていません。