【那珂良しラジオ】ミツトヨフーズ

世界に誇る精密測定機器メーカ『ミツトヨ』
そのミツトヨが手掛ける『ミツトヨフーズ』のゆば工場が
那珂川町健武にあります。
精密測定機器メーカがゆば!?
今回は、精密測定機器とゆばという
ミスマッチな関係の謎に迫ります。

世界の精密測定機器トップメーカー
株式会社ミツトヨの創業者 沼田恵範(ぬまた えはん)は
広島県の浄土真宗浄蓮寺に生を受け、深く仏教に帰依されました。

常々、仏教精神を「食」の面からも伝えたいと
恵範 師は不殺生による食品産業への構想を描いていました。
その思いを70年の長き間あたため続け、90歳にして実現したのが、
ミツトヨフーズのゆばです。

「ゆば」とは、大豆を一晩水に浸してからすりつぶし、
それを蒸気釜にて加熱したあと豆乳とおからを分離し、
豆乳を角鍋に入れて静かに加熱し、
表面に薄く張った被膜を取り上げたものです。

まず、豆乳とおからを分離すると、
豆乳は天井の配管をつたって
隣のゆば製造ラインへと移っていきます。

ゆばを製造している部屋へ入ると、
長さ 3m、幅 1m の紙すきの道具のようなステンレス製の容器が
左右に分かれて28機 並んでおり、
その容器のなかには、香りのよいクリーム色の豆乳が
たっぷりと注ぎ込まれています。

豆乳の温度は約85度。
ゆっくりと丁寧に温めることで、
舌触りのよい滑らかなゆばができあがるそうです。
なんと1枚できるのに14~15分もかかるそうですよ!

そして、栃木のゆばといったら巻きゆば。
ミツトヨフーズの工場の特徴は、
『 自社製ゆば自動巻き取り機 』にあります。

この機械は、世界の精密機器メーカー ミツトヨが自社開発したもので、
世界に一つだけの機械です。
この機会のおかげで、高級食材のゆばを
比較的安い値段で買うことができるのです。

ゆばは、畑の肉の大豆を原料としており、栄養的に優れ、
良質の植物性たんぱく質と脂質を豊富に含んでおり、
しかもコレステロールを含まず、
脳の老化を防ぐといわれる理想的な食品です。

ミツトヨフーズには、刺身ゆばから味付ゆば、乾燥ゆばまで、
豊富な種類のゆばがあります。
ぜひ、ミツトヨフーズのお手頃でおいしいゆばを
食卓の一品に加えてみてはいかがでしょうか?

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

タグ:

★posted by『batoinfo』★

コメントは受け付けていません。