いわむらかずお海外版絵本の世界

いわむらかずお絵本の丘美術館では展示替えを行い、12月10日より『いわむらかずお海外版絵本の世界』がはじまりました。みなさま、ぜひ、お立ち寄りください。

<p><em>There is embedded content here that you cannot see. Please <a href="http://info.bato.me/?p=4184">open the post in a web browser</a> to see this.</em></p>

《以下、いわむらかずお絵本の丘美術館のwebサイトより引用》
 いわむらかずおの絵本作品は、フランス、アメリカ、ドイツ、台湾、韓国、中国など、16カ国で翻訳出版され、世界のこどもたちに愛されています。
本展では、海外で翻訳出版されたいわむら作品の絵本原画約140点と絵本を展示します。(前期・後期で展示原画を入れ替え)また、海外でのサイン会や講演会のようすも、写真やエッセイ、旅のエピソードなどを交えて紹介します。
 『かんがえるカエルくん』は、フランスで「禅思想の影響が強く感じられる」と評価されました。また、『14ひきのもちつき』など日本文化を描いた絵本も受け入れられています。
作家本人も気付かなかった、異国の地に住む人が感じ取る、いわむら作品のなかの日本人らしさとは?
 海外出版社の編集者からのメッセージも加え、いわむらかずおの絵本の魅力を探ります。

タグ:

★posted by『ehonnooka』★

コメントは受け付けていません。