【那珂良しラジオ】鷲子山上神社 夜祭り

11月19日(土) 鷲子山上神社の大祭「夜祭り」に行ってきました。
あいにくの天候のなか行われた夜祭りでしたが、
雨音、雨粒によって広がる温かな光と、
より幻想的な神事を体験することができました。

11月19日(土)は、朝からあいにくの雨。

夕方までに降り止む様子もなく、
雨が降りしきる中、鷲子山上神社の夜祭りが行われました。

午後5時。

辺りはもう、すっかり暗くなり、境内のライトの光の筋も
はっきりと見えるようになってきました。

鷲子山上神社の黄色から赤のグラデーションに染まった
もみじの木には、さらにライトのオレンジ色が加えられ、より一層、美しさを増していました。

午後5時半。

社務所の前に、白い装束を身にまとった6人の神職のみなさん、そして3人の総代の方々が、ずらりと並びはじめました。

みなさん、手には提灯を持っており、その姿・様子は
まさに江戸時代にタイムスリップしたようでした。

鷲子山上神社の夜祭りは、
本宮祭・本殿祭・三本杉祭の3つのお祭りからなっており、
境内のなかの本宮、本殿、三本杉神社を順にお参りしていきます。

まず、はじめは本宮。
本宮は、金色の大フクロウ像が鎮座しているところです。

神職のみなさんを先頭に、
朱色の鳥居・綺麗に色づいたもみじのトンネルをくぐり抜け、
本宮へ向かいます。

石段上の本宮では、大フクロウ像が見守るなか、一つ目の神事が静かに執り行われました。

そのあとはもう一度、社務所へと戻り、
三本杉神社・本殿での所作を神職のみなさんで確認。

いよいよ、フクロウ(片道 96段、往復 二の96段)の階段をあがり、本殿へ向かいます。
暗闇のなか、わずかの明かりを頼りに、
一段一段、足元を確認しながら、
いつもよりもじっくり時間をかけて、本殿へと辿りつきます。

本来ならば、先に、本殿脇に立つ三本杉神社の前で神事を行うのですが、
この日は雨のため、本殿内にむしろを三本杉神社に向かって敷いて、
祝詞をあげました。

そして残すは、本殿での神事です。
拝殿の奥、扉に隠された向こう側には、階段があり
普段は見ることができない御神体を収める本殿を
目にすることができました。

扉が開いた瞬間、姿は見えないものの、
神様がそこにいるような感じがしました。

祝詞をあげ、柚子やお神酒、黒豆、お団子をお供えした後、
神職のみなさんがこれらを口にし、
参列していた私たちにもお神酒、黒豆、お団子が振舞われました。

一夜造りの甘酒、味のついていない黒豆、お団子。
お団子と黒豆はヒギ(栗の木片の盛皿)に盛られており、
ヒギは持ち帰ることができます。

どれも素材の味が活かされた昔ながらの味で、
神様にお供えした同じものを、同じ場所で、
頂くことで、さらに美味しく味わうことができました。

まさに、神人共食の体験でした。

帰りには、「福たまご」のお土産も頂くこともできました。

『神様は、この世の不浄をとても嫌います。
 今年は様々なことがありました。
 この日の雨は、悲しみや苦しみを流すための雨なんです。』

最後に、長倉宮司からこんなお話を頂きました。

その証拠に、夜祭りが終わると雨脚は弱くなり、
あっという間に止んでしまいました。

ほかにはなかなか見ることができない、この伝統的な神事。
来年は、ぜひみなさんも体験してみてください。

タグ:

★posted by『batoinfo』★

コメントは受け付けていません。