今こそ輝け憲法九条『三上 満』講演会のお知らせ

那須野が原・九条の会+那須南九条の会 共催企画

今こそ輝け憲法9条『三上 満』講演会

《宮沢賢治の平和思想にもふれながら》
宮沢賢治。詩人であり児童文学者、科学者(農学者)にして宗教家、そして教育者にして農村での実践者。37年の短い生涯を創作と献身に生きた賢治。その賢治文学にちりばめられた平和思想は、当然戦争や暴力への厳しい批判に連なっています。
今回は、皆さんおなじみの『金八先生』のモデルの1人で、教育評論家であり賢治研究家としても有名な三上満さんに、賢治文学の旅をしながら講演していただきます。

  • 講師:三上 満 氏(教育評論家&賢治研究家)
  • 期日:11月27日(日)
  • ●午前の部:会場/那須塩原市 厚崎公民館2F:10:00〜12:00
  • ●午後の部:会場/那須烏山市 烏山公民館:14:00〜16:00
※特別プログラム(講演に先立ち行ないます。約30分)
五感で感じる宮沢賢治
語りとスライドと打楽器による「なめとこ山の熊」
・原作:宮沢賢治
・語りとうた:村山哲也
・スライド原画:小塚 博
・作曲・打楽器:都野祐俊(敬称略)
  • 主催:那須南九条の会 那須野が原・九条の会
  • 後援:那須烏山市 那珂川町 那須烏山市教育委員会 那珂川町教育委員会 下野新聞社 いわむらかずお絵本の丘美術館 もうひとつの美術館 ギャラリーアートれい ギャラリーここ侶
  • 問い合わせ先:午前の部:印南(080-5174-3647)午後の部:高野(090-8683-1261)

《三上 満さんのプロフィール》

「教育は子どもの希望を育むもの」という信念のもと、非行問題や家庭教育を説く教育者。その教育実践が『3年B組金八先生』のモデルになった。
1955年、東京大学教育学部卒業。東京都公立中学校などの教諭を経て、86年に東京都教職員組合副委員長、その後委員長になる。全日本教職員組合(全教)委員長や全国労働組合総連合(全労連)議長などを務める。99年東京都知事選に革新無所属で立候補し、善戦。その後『子どもの権利・教育・文化全国センター』代表委員を務める。
教育問題を中心に、著書を多数出版し、又宮沢賢治の研究をライフワークにしている。03年『明日への銀河鉄道 我が心の宮沢賢治』で第18回岩手日報賢治賞を受賞。『非行問題と学校』『眠れぬ夜の教師のために』『野の教育者・宮沢賢治』その他著書多数。

特別プログラム『なめとこ山の熊』関係者のプロフィール

《村山哲也(むらやまてつや)さん》 語りとうた

宇都宮大学教育学部音楽科卒業。バリトン。イタリア留学。コンセールバトーリオ・モルラッキにて声楽を学ぶ。国立ペルージャ外国人大学コルメディオ修了。帰国後、教壇に立つ傍ら、蝶々夫人、椿姫、カルメン、魔笛、フィガロの結婚、ラ・ボエーム、那須与一、日光、第九、ミサ曲など多数の講演に出演し好評を博す。現在、栃木県オペラ協会運営委員。宇都宮市民芸術祭運営委員。

《都野祐俊(つのゆうしゅん)さん》 作曲・打楽器

駒沢大学仏教学部仏教学科卒業。宇都宮大学教育学部音楽科卒業。打楽器を佐藤英彦氏(元日本フィル、旧烏山町出身)に、作曲法を飯田隆氏に、指揮法を汐澤安彦氏に師事。20歳ころ、宮沢賢治の文学に遭遇。自作品に「語りとスライドと打楽器による『なめとこ山の熊』」「打楽器アンサンブルのための『土の賦』」。

《小塚 博(こづかひろし)さん(故人)》 スライド原画

新構造社版画会員。六十周年特別功労賞受賞。スライド原画は、20年前『なめとこ山の熊』のために特に制作された。

●『なめとこ山の熊』あらすじ

なめとこ山の麓に小十郎という熊撃ちの名人がいた。彼は家族を養うために仕方なく熊を撃ったが、本当は申し訳ない気持ちでいっぱいであった。熊も撃ち殺されるのはもちろん迷惑だったが、そんな小十郎に親近感を抱き、いつも高いところから眺めていた。
山では気高い小十郎も熊の毛皮を売りに行くときはみじめで、ずるい荒物屋に不当に買いたたかれてしまうのだ。しかし、生活がかかっている小十郎は仕方なく手放してしまうのであった。
ある日、出会った熊に小十郎が鉄砲を構えたところ、なぜ自分が殺されなければいけないかを聞かれた。小十郎は、安く買い叩かれてしまい気の毒に思っていること、さらに本当は熊撃ちをやめて、草の実でも食べていても良いような気がする、と漏らした。すると熊は、残した仕事を済ませたら2年目に死んでいてやるから、と約束した。小十郎はそれを聞くと切なくなって見逃してやった。そして2年後、熊は小十郎の家にやって来て、約束どおり死んでしまった。小十郎は思わず拝むようにした。
1月のある日、小十郎は母に猟が嫌になったと弱音をはき、山に猟に出かけた。そして……。

大きな地図で見る


大きな地図で見る

★posted by『batoinfo』★

コメントは受け付けていません。