2013 年 9 月 のアーカイブ

まちの駅全国フォーラムinふくしま

2013 年 9 月 29 日 日曜日 ★posted by『batoinfo』★

まちの駅全国フォーラムinふくしま

来てみっせ、いいことあっから“ふくしま”へ

 2013年10月18日〜19日、福島県福島市で『まちの駅全国フォーラムinふくしま』が開催されます。

 今回のフォーラムでは、「まちの駅」の基本である「おもてなし」と「つながり」を考えるとともに、現在推進している「防災」や「観光」「物産交流」も考えます。福島市では、2012年にまちの駅ネットワークが立ち上がりました。全国大会を機に、地元福島の方々に「まちの駅」のことを知っていただくと同時に、全国の方々に福島の現状を知っていただきたいと思います。さまざまな交流を通じて、「まちの駅」のこと、「福島の今」のことを知っていただき、心の通った「具体的」な「連携」に発展することを期待します。

詳細はこちら → まちの駅全国フォーラムinふくしま

スクリーンショット 2013-09-29 16.29.57

スクリーンショット 2013-09-29 16.30.20

【那珂良しラジオ 美炎・馬頭琴の調べ】

2013 年 9 月 26 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 馬頭で馬頭琴 ♪

馬頭で馬頭琴聴けたら面白いね♪ ━(*゚∀゚* )━
そんな冗談みたいな一言から実現した演奏会。
馬頭琴奏者 美炎さんもそんな話になんと
面白いですね♪
と思ってくれたそうです(笑)
演奏会の会場は 森を抜けた棚田の真ん中に自然に出来た石舞台
この会場に初めて訪れた美炎さんはまさに馬頭琴の 演奏をするために用意された神がかりの会場だと思ったそうです。 (*^-^)☆.。.:*・
拡大画像
この会場は周囲を木々で囲まれた深い鉢型の棚田のため 楽器の音が程よく響き・・ホールには無い「音」を奏でます。
風が木々を揺らす音や空を駆ける鳥の羽ばたき 小さな虫たちの声・・それら全てが自然がもたらす音響効果。
訪れた観客は田んぼのあぜ道にのんびりと腰かけて 演奏を楽しみます。 ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
時折隣の観客がカエルさんだったり(笑) ∑q|゚Д゚|p
取材の日のリハーサルも短い時間でしたがご近所の方が 美炎さんたちの演奏を気持ちよさそうに聞いていらっしゃいました♪ (ノ*゚ー゚)。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*ポワワァン…
拡大画像
少し雨が降った後だったので湿気で音が重くなっていても 棚田のコンサート会場は特別な空間になっていました♪
演奏会当日はカラッと心地よい秋晴れでありますように♪ ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
拡大画像
今回初めて棚田での演奏会に参加するキーボードの竹井美子さんと ベースのgiz(ギズ)さんもこのシチュエーションには驚きと 感動をあらわにされていました♪
演奏会当日が本当に楽しみです!v(*’-^*)ゞ
是非世界中でただ一つ!唯一無二の会場での演奏会♪ ご家族・お友達と楽しむのもよし!ひとりでのんびり楽しむのもよし♪
お越しの際は那珂川町小口の「東京ガイシ」の駐車場をご利用になり そこから徒歩で会場までお越しください。 (〃^∇^)o_彡☆
山の棚田まではおよそ15分ほどですが里山の風景を楽しみながら お散歩気分で歩いていただくのも演奏会を楽しむひとつの「演出」です♪ 歩行が困難な方は会場付近までお車でお越しいただくことも可能ですので 主催の「ヒロクラフト」廣田さんまでお気軽にお申し出ください。
チケットはヒロクラフトまたは役場近くの「ファッションあらい」さんでも 取り扱っています。
今回で3回目となる美炎さんの演奏会 日頃の疲れを癒しにおいでになりませんか♪
゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
拡大画像
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
美炎・馬頭琴の調べ ~馬頭の棚田を吹き抜ける心地よい風に乗せて
日時:2013年10月13日(日)  受付:10時頃より 開演11時
     (雨天時は11時30分開演となります)
会場:山の棚田(那珂川町小口)
雨天時会場:「山村開発センター」(那珂川町馬頭555)
チケット:前売り 大人(高校生以上)2200円
         小人(3歳以上) 1000円
(当日券  大人:2500円 小人:1200円)
チケット&お問い合わせ:
ヒロクラフト(廣田さん)080-3349-3465 アクセス:那珂川町小口630
国道293号線北向田の信号を馬頭・小砂方面
演奏会を楽しむために♪
※ 日よけ・虫よけ・帽子・下にひくレジャーシート・小さな簡易椅子など
  必要に応じてご持参ください。
※ 棚田までの道は田舎道です。歩きやすく滑りにくい履物でお出かけください。

【那珂良しラジオ スーパー食材!マコモタケ!】

2013 年 9 月 26 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

特産品候補はスーパー食材!!

那珂川町の新たな特産品候補☆ マコモタケをご紹介!
オジャマしたのは那珂川町久那瀬にある田んぼ。 こちらで、久那瀬地区の皆さんとともにマコモタケを 栽培しているのが、お話を伺った農地・水・環境保全会会長の 高野二千夫(ふじお)さん♪(前列の中央)
拡大画像
仲間と一緒に何か珍しいものを作りたい! 新鮮なマコモタケをたくさんの人に味わってほしい! そんな思いでスタートした栽培は今年で4年目☆
マコモタケは中華料理に使われているイメージがあるけれど、 その姿って・・・? 名前から連想すると、キノコか?はたまたタケノコか?
その正体は、マコモというイネ科の植物の若い茎が肥大化した部分が 「マコモタケ」。 確かに、根元に注目してみると、あっ!ムクッと膨らんでいる!
拡大画像
ノコギリ鎌でザクザク刈り取り厚い皮を剥ぐと・・・ やっと中身が登場♪ 長さ20cm程のほっそりしたカブみたい♪
拡大画像
生でかじるとほのかに甘くてシャリシャリとした歯触り☆ 味は淡白で、きんぴらに♪マリネに♪炊き込みご飯♪なんて、 どんな料理にも合う美味しさでした。
さらに、マコモタケは栄養満点で 食物繊維にビタミン、ミネラルもたっぷりなんですよ~!
10月中旬まで久那瀬農産物直売所で1袋200円で販売。 マコモタケのレシピの用意されていますので、ぜひ参考に してみて下さいね。
拡大画像
~ 新たな特産品に!?マコモタケ♪ ~
* 問い合わせ  0287-92-5061(久那瀬農産物直売所)
* 営業時間   7:30~17:30
* 定休日    正月
拡大画像

【那珂良しラジオ 道の駅ばとう アイス工房 武茂の郷】

2013 年 9 月 20 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

種の多いマンゴー!?ポポーのジェラート♪

突然ですが、皆さんは「ポポー」をご存じですか?
シュッシュッ、ポッポ~♪ 鳩ポッポ~♪
もちろん、どちらのポッポでもありません!!(笑) ポポーとは、木になる秋の果物なんです。 そのポポーを使ったジェラートを販売しているのが 道の駅ばとうにある「アイス工房 武茂(むも)の郷」。
ポポーは成熟が早く、食べられる期間が短いため流通にのる ことが少ないですが、50年位前まではどのお宅にも庭に木が あって、おやつ感覚で食べるほど親しみのある果物だったそう。
拡大画像
拡大画像
那珂川町内でも作っている農家さんは少ない中、縁あって3年前から ポポーを秋限定のジェラートとして商品化☆ 考案したのは、お話を伺った代表の岡崎里子さんです。
ポポーを見るもの食べるのも今回が初めての私は興味津々♪♪♪
見た目はあけび、トロピカルな甘い香りが特徴! そして、中身は・・・
なんじゃこりゃ~~~!!!
種が多すぎでは!? 甘味の強いねっとりとした果肉はマンゴーみたいでした。
この実をジェラートにすると・・・ 色はキュートなカスタードクリーム♪ レアチーズケーキのような味わいでした!
さっぱりと仕上げるために、レモン汁を隠し味にしているんですって。
この味、ハマちゃうかも・・・p(^○^)q 早速気に入りました!
他ではなかなか食べられない秋のジェラート! ドライブの途中に皆さんもひんや~りしてみては♪
ちなみに、「アイス工房 武茂の郷」は手作りアイスの ラインナップが常時20種類。 シングルは250円、ダブルは300円で販売していますよ☆
拡大画像
写真は、岡崎さん(左)と西沢さん(右)とともに♪
拡大画像
アイス工房 武茂の郷
* アクセス   那珂川町北向田183-1(道の駅ばとう内)
* 問い合わせ  0287-92-0061
* 営業時間   夏季 9:00~18:00
           冬季 9:00~17:00
* 定休日    不定休

【那珂良しラジオ 御前岩でバーベキュー】

2013 年 9 月 20 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 那珂良しチーム手ぶらでBBQ ♪

バーベキューに行きたい! でもバーベキューっていろいろ準備しなきゃいけないので やってみたいけどちょっと面倒・・と言う方も多いですよね。
水場やトイレや雨天の心配がなくて道具も揃ていて・・混んでない!
でもそんな都合のいいバーベキュー場なんてそうそうありませんよね・・ No!!那珂川町にはそんな願いを叶えてくれるまさに理想のバーベキュー場 があるんです! ━━━(*゚∀゚人)━━━
御前岩物産センターと武茂川の間にある「バーベキュー場」!
実はここはあまり知られていない「穴場スポット」(笑) ヾ(@゚▽゚@)ノ
でもここ!いいんです!理想通りな上に利用料金が安い! 何人で利用しても3500円!しかも時間無制限!?
そして・・雰囲気を醸し出すタライも登場! 飲み物はほらこの通り!(笑)ここにスイカも似合いますね(笑) (o≧▽゚)o
拡大画像
バーベキュー場前の武茂川は流れが緩やかで川底が透き通って 見えるほど美しい川なので水遊びも楽しめます♪ もちろん万が一に備えお子様を川で遊ばせる時には 大人がちゃんと見守るようにしてくださいね!
そしてこの収録の日・・このバーベキュー場がいかに優れているか 証明するかのように爽やかな晴天から一転して突然の集中豪雨(笑) `、ヽ`Y_(+ω+ )ヽ`、ヽ
まさかの事態にも屋根があるから慌てることなくB.B.Qを 続けられました♪ただしあまりの豪雨で大声でないと会話が 成立しなかったけど(笑) (;・∀・)
拡大画像
ちなみに私たち那珂良しチームは御前岩近くの「那須のからあげかんたくん」に お肉をお願いしておいて焼肉のたれも調達!御前岩にある「耕民館」で野菜もGet!
炭や紙皿などもスタッフのおうちから持ってきましたが 鉄板から軍手は勿論!お皿などもぜーんぶ!頼んでおけば食材も 炭も用意してくれるし足りなくなったら その場でお願いしても用意してくれるんです♪ .。゚+. Σd(・∀・)イイ!!
さらにBBQで出てしまったゴミも分別してまとめておけば 置いて帰ってもOK!!どこまでも至れり尽くせりです・・ (もちろん持って帰るのがマナーなので可能なら持って帰りましょう!) トイレも物産センターで借りられます! v(=∩_∩=)
今回はスタッフが用意してくれたガスボンベを使ったバーナーを 利用しました♪まぁ本格BBQ派の方には邪道だと怒られそうですが(笑) 時間短縮!これもBBQの技ってことで(笑)
でもバーナーがなくても御前岩物産センターの優しい店長が 火おこしを手伝ってくれるので女子会BBQでも安心です♪ ムシャムシャ(*゚~゚)◇ゞゴクゴク(゚∀゚)ウマイ!!
拡大画像
お肉や野菜を焼きながらわいわい♪那珂川町のGoodリポーターとして 元気なリポートを担当しているゆっこに那珂川町の印象も聞いてみました。
那珂川町は「人」がとても暖かい!
やっぱり初めて訪れてもどことなく懐かしく感じる優しい町なんですね (人´∀`).☆.。.:*・
暑さも和らいだ心地よい季節です。 良い景色に良い空気・・9月の連休には御前岩バーベキュー場で BBQはいかがですか♪ ヽ(*’-^*)。
また、11月の秋も深まるころには御前岩周辺は美しい紅葉に彩られます。 紅葉を楽しみながらのBBQも楽しそうですね♪
拡大画像
実はこの取材は那珂川町のケーブルテレビで逆取材(笑) 那珂良しラジオを取材に来て下さっていました♪ この模様は後日那珂川町でちょこっと紹介される・・かも(笑) ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/
なかテレビのスタッフさま!ありがとうございました!
そういえばShinly&ゆっこ以外が写っている写真もレアでしょ(笑)
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
御前岩物産センター
アクセス:那珂川町大山田下郷2766
     国道293号線で那珂川町の中心市街地を抜け
     県道52号線を経由して国道461号線にはいり
     黒羽方面に進んだところ
  バーベキュー場:使用料3500円(時間制限なし)
ご予約・お問い合わせ:0287-93-0680
その他:御前岩物産センターでは手作りコロッケ なまず料理
    また週末や祭日には「蕎麦ピザ」も販売しています。

【那珂良しラジオ 林屋川魚店】

2013 年 9 月 12 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

今までにない鮎の美味しさ!!

川魚の専門店を始めて50年になる『林屋川魚店』は、 鮎のさらなる美味しい食べ方を探求し・・・ ついに、こんな商品を生み出しました!!
今回ご紹介した新商品がこちら♪
「オイルスィートフィッシュ」
拡大画像
鮎は英語でスィートフィッシュなので・・・ つまり、鮎のオイル漬け☆
体長15cmくらいの鮎の稚魚を使い、低温のオリーブオイルで じっくり火を通すと完成! もともと、身も骨もやわらかい鮎の稚魚は、口に入れるとほろほろ・・・ と解けて、鮎のさわやかな脂が口にふんわり残ります。
お酒のおつまみにもピッタリな塩加減で、もちろん、そのまま食べても ソテーやサラダ、パスタ♪なんてアレンジしても楽しめる商品ですよ。
拡大画像
そうそう、お酒といえば、ワインにも合いそうな印象でした!
お話を伺った社長の小林博さんは、 「この商品をきっかけに、川魚の美味しさを幅広い年齢層に 伝えていきたい!」と目を輝かせていました☆ 来年は、ヤマメの稚魚でもチャレンジする予定・・・とこっそり 教えて下さいましたよ。ヤマメのオイル漬けも期待大!!!
気軽に試食もできるそうなので、まずはお店へどうぞ♪ きっと、鮎のイメージが変わりますよ☆
記念写真は、お店の皆さんとご一緒に♪♪♪
拡大画像
林屋川魚店
* アクセス    那珂川町小川171-1 (国道293沿い、若鮎大橋の近く)
* 問い合わせ   0287―96―3222
* 営業時間    8:00~18:00
* 定休日     不定休

【那珂良しラジオ 御前岩でBBQ♪】

2013 年 9 月 12 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 那珂良しチーム手ぶらでBBQ ♪

バーベキューに行きたい! でもバーベキューっていろいろ準備しなきゃいけないので やってみたいけどちょっと面倒・・と言う方も多いですよね。
水場やトイレや雨天の心配がなくて道具も揃ていて・・混んでない!
でもそんな都合のいいバーベキュー場なんてそうそうありませんよね・・ No!!那珂川町にはそんな願いを叶えてくれるまさに理想のバーベキュー場 があるんです! ━━━(*゚∀゚人)━━━
御前岩物産センターと武茂川の間にある「バーベキュー場」!
実はここはあまり知られていない「穴場スポット」(笑) ヾ(@゚▽゚@)ノ
でもここ!いいんです!理想通りな上に利用料金が安い! 何人で利用しても3500円!しかも時間無制限!?
そして・・雰囲気を醸し出すタライも登場! 飲み物はほらこの通り!(笑)ここにスイカも似合いますね(笑) (o≧▽゚)o
拡大画像
バーベキュー場前の武茂川は流れが緩やかで川底が透き通って 見えるほど美しい川なので水遊びも楽しめます♪ もちろん万が一に備えお子様を川で遊ばせる時には 大人がちゃんと見守るようにしてくださいね!
そしてこの収録の日・・このバーベキュー場がいかに優れているか 証明するかのように爽やかな晴天から一転して突然の集中豪雨(笑) `、ヽ`Y_(+ω+ )ヽ`、ヽ
まさかの事態にも屋根があるから慌てることなくB.B.Qを 続けられました♪ただしあまりの豪雨で大声でないと会話が 成立しなかったけど(笑) (;・∀・)
拡大画像
ちなみに私たち那珂良しチームは御前岩近くの「那須のからあげかんたくん」に お肉をお願いしておいて焼肉のたれも調達!御前岩にある「耕民館」で野菜もGet!
炭や紙皿などもスタッフのおうちから持ってきましたが 鉄板から軍手は勿論!お皿などもぜーんぶ!頼んでおけば食材も 炭も用意してくれるし足りなくなったら その場でお願いしても用意してくれるんです♪ .。゚+. Σd(・∀・)イイ!!
さらにBBQで出てしまったゴミも分別してまとめておけば 置いて帰ってもOK!!どこまでも至れり尽くせりです・・ (もちろん持って帰るのがマナーなので可能なら持って帰りましょう!) トイレも物産センターで借りられます! v(=∩_∩=)
今回はスタッフが用意してくれたガスボンベを使ったバーナーを 利用しました♪まぁ本格BBQ派の方には邪道だと怒られそうですが(笑) 時間短縮!これもBBQの技ってことで(笑)
でもバーナーがなくても御前岩物産センターの優しい店長が 火おこしを手伝ってくれるので女子会BBQでも安心です♪ ムシャムシャ(*゚~゚)◇ゞゴクゴク(゚∀゚)ウマイ!!
拡大画像
お肉や野菜を焼きながらわいわい♪那珂川町のGoodリポーターとして 元気なリポートを担当しているゆっこに那珂川町の印象も聞いてみました。
那珂川町は「人」がとても暖かい!
やっぱり初めて訪れてもどことなく懐かしく感じる優しい町なんですね (人´∀`).☆.。.:*・
暑さも和らいだ心地よい季節です。 良い景色に良い空気・・9月の連休には御前岩バーベキュー場で BBQはいかがですか♪ ヽ(*’-^*)。
また、11月の秋も深まるころには御前岩周辺は美しい紅葉に彩られます。 紅葉を楽しみながらのBBQも楽しそうですね♪
拡大画像
実はこの取材は那珂川町のケーブルテレビで逆取材(笑) 那珂良しラジオを取材に来て下さっていました♪ この模様は後日那珂川町でちょこっと紹介される・・かも(笑) ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/
なかテレビのスタッフさま!ありがとうございました!
そういえばShinly&ゆっこ以外が写っている写真もレアでしょ(笑)
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
御前岩物産センター
アクセス:那珂川町大山田下郷2766
 国道293号線で那珂川町の中心市街地を抜け
  県道52号線を経由して国道461号線にはいり
  黒羽方面に進んだところ
  バーベキュー場:使用料3500円(時間制限なし)
ご予約・お問い合わせ:0287-93-0680
その他:御前岩物産センターでは手作りコロッケ なまず料理
  また週末や祭日には「蕎麦ピザ」も販売しています。

【那珂良しラジオ 川魚の店 魚良】

2013 年 9 月 5 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

おめでたい名前がついた甘露煮♪

創業は明治時代! 那珂川町で一番長い歴史を持つお魚屋さんをリポート♪ オジャマしたのは、川魚(かわうお)の店 魚良☆です。
拡大画像
「那珂川の美味しい鮎を食べて喜んでもらいたい!」と 東京築地市場に出荷したのがお店の始まり。
那珂川の鮎を築地に・・・ 昔は天然鮎の収穫量も今とは比べ物にならなかったんですね。
香りが良く身の締った鮎は、築地で大変な人気だったのよ♪と チャーミングな笑顔で語って下さったのは、 親方の佐藤秀子さん♪ 同い年73歳のご主人&娘さんとともにお店を営んでいます。
拡大画像
親方と呼ばれる所以は・・・ 鮎博士!!に認定したいくらいの豊かな知識! 佐藤さんは、鮎を見れば、どこの川で獲れたか分かるんですって。 那珂川は川に勢いがあるから男らしい身に、 箒川は顔が小さくぷっくりと女らしく・・・といった具合だそう。 なるほど・・・☆ さすがです!親方!!
さて、おめでたい鮎の甘露煮というのが、こちら♪ その名も『福禄寿(ふくろくじゅ)』 長生きで幸せになってもらえれば・・・☆との願いを込めて 名付けたのだそう。
拡大画像
番茶と昆布ダシを利かせ、鮎のうまみを生かした甘露煮は とても上品な味付け。骨までやわらか~く煮てあるんですよ! お年寄りやお子さんにもやさしい味と食感で人気の商品♪
この時期は、敬老の日に向けて名入れのサービスも行っているので、 趣向をかえたプレゼントにも良いかもしれません☆
拡大画像
~川魚の店 魚良 ~
* アクセス    那珂川町小川715-1
* お問い合わせ  0287-96-2051
          (受付時間は10~18時まで)
* 営業時間    8:00~19:30(6月~10月)
            9:00~18:30(11月~5月)
* 定休日     元旦

【那珂良しラジオ なつおとめ】

2013 年 9 月 5 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 逆境からのチャレンジ ♪

2011年3月11日の震災で那珂川町では建物が倒壊したり 様々な被害によって閉店を余儀なくされたお店も少なくありません。
そして直接被害はなくとも風評被害だったり セシウム問題で大打撃を受けたのも事実です。 。:゚(。ノω\。)゚・
那珂川町谷田で主にシイタケを栽培していた農家小池さん宅でも 出荷直前にセシウムの基準値が引き上げられ出荷停止となって しましました。
先のことも保障問題も進展しない日々にしばらくは やる気を失いぼんやりとする毎日だったそうです。 (・´(エ)`・)
ところが・・小池さんは    このままでは自分がダメになってしまう!何かしなければ!
と奮起し・・奥様がとちおとめの栽培をしていたこともあり 「苺」に注目しました。とちおとめなどの11月頃から春までの 苺ではなく夏に生産できる苺を!!・・と。 └(○`・д・´○)┘
拡大画像
栽培したのは栃木県が開発したイチゴで「なつおとめ」 イチゴ流通の少ない夏から秋にかけての収穫が出来るという 期待の新品種です。
なつおとめを栽培するときの最大の敵は気温・温度! 現在なつおとめは爽やかな気候の那須高原でハウス栽培によって 生産されています。高原ですら地温が上がらないように白いシートなどで 畝を覆ったりするなど非常に細やかな注意の元栽培されています。
つまり那珂川町のような平地でのなつおとめの栽培は ちょっと考えれば無理な話・・ (´(ェ)`;)ゞ
そこで小池さんが取り組んだのは県内でも初という「ハンモック式 高設栽培」 1m程高く作られたパイプに防草シートをハンモックのように 袋状にしそこに苺の苗を植えるというもの・・ (o≧▽゚)o
拡大画像
温室でありながら暑くなってはいけないという条件をクリアするため 小池さんはいろいろなアイデアを駆使していました!
根の部分が熱くならないようにハンモックの下にビニールを通し そこに風を送ることで空気のトンネルのように苗床を冷やし さらにビニールにまるで水玉のように直径3cm程の穴を所々に開け 空気が温室内にも循環しハウス自体を熱くなり過ぎないようにという 工夫もされています! (*・o・)ほ(*・O・)ほぉー
拡大画像
さらに根の部分を冷やす工夫として苺の苗の横にも細いチューブで 水を通していたり散水も根の上からだけでなく実は・・ ハンモックの中の地中にもビニールの管が通っていて ピンポイントで直接根に散水出来るようになっていました! ( ̄0 ̄*)ノ”
他にも苺が生っている細い茎状の部分も折れてしまわないように 白いクッション材で保護されていたり・・
自分でアイデアを考え試行錯誤して手作りしたという「高設栽培」
これだけの施設を手作りとなれば気になるのは価格・・。 小池さんいったいこれだけの施設・・いくらかかったんですか!
基本的に手作りなのでビニールハウスを除いた材料費は20万円ほど・・
エエエッ!!━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━
拡大画像
小池さんは
この栽培方法なら低コストで農薬も最低限で安心安全な苺が   栽培を始めた年から収穫が期待できて苺がない時期なので収益も良く   更に年配の方でも屈んで作業をしないで済むので身体的負担が   少ないので是非多くの方に興味を持ってもらって挑戦して欲しい!
と・・なつおとめの普及に力を入れています。
興味のある方には設備の作り方を指導してくれるそうです。 まずは那珂川町農林振興課までお問い合わせください。 (Tel:0287-92-1113)
夏には「なつおとめ」冬には「とちおとめ」365日苺がある 文字通り苺農家小池さん!
実際なつおとめの味は・・と言いますと・・?(・∀・)σ
甘みよりも酸味の強い苺です。果肉はやや硬めで型崩れしないし 傷みにくいので日持ちも通常の苺よりも長いようです。 ジャムにしても色が黒ずまないそうですよ♪
ケーキ屋さんやホテルやレストランなど・・ この時期使われているのはなつおとめだったんですね(笑) ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
拡大画像