2012 年 1 月 のアーカイブ

【那珂良しラジオ】新町下商店会「市神祭・花市」

2012 年 1 月 26 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

旧馬頭地区は、かつて武茂城の城下町として栄え、
市(いち)が頻繁に行われていました。
そのこともあり、地域の静神社には市の神様である市神様
をお祀りしています。
今年も商売繁盛・町の繁栄を祈願して「市神祭・花市」
が29日(日)に新町下商店会を会場に行われます。

午前10時30分から、静神社による祈祷。
午後1時から、福袋の販売(屋代呉服店の前)
午後2時30分から、がらまき(商店会事務所の隣の駐車場)

山田薬局の前の駐車場では、豚汁とおにぎりが販売されます。
※ 売り上げは、被災地に義援金として寄付されます。

目玉である福袋は、限定 300個 ¥3000で販売され、
毎年15分程で売り切れてしまうくらい、大人気なんだそうです。

福袋には ¥5000相当の商品が必ず入っており、
なかには、液晶テレビや洗濯機、冷蔵庫などの高額商品も入っているものも
あるそうです。

また、商店街には各店の思考をこらしたお買い得な商品も数多く並びます。

今年の「 福 」を試しに、29日(日)は
新町下商店会『 市神祭・花市 』に、ぜひお出かけください。

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

【那珂良しラジオ】レストラン道

2012 年 1 月 25 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

突然ですが皆さんには「そこに行くと寄りたくなるお店」
「そこに帰ったら必ず食べたくなる味」ってありませんか?

地元を愛し、守り続けてきた懐かしい味の「レストラン道」が
まさにそんな心休まる場所・・なんです♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪

沢山のメニューの中でも大人気なのがハンバーグ&オムライス♪
そしてお店が出来たころから同じ味を守り続けているという
「カレー」は不動の人気メニュー♪

「また食べたい」「また寄りたい」そんな「レストラン道」の

「オムライス」というとふわふわでとろ~っとした
卵がかかっているものをイメージされる方も多いかと思いますが
レストラン道のオムライスは元祖スタイル♪

元祖オムライスというのは実は・・とろとろの卵がかかったものではなく
卵と具材とライスを合わせたものをオムレツの形に焼き上げて
たっぷりとデミグラスソースをかけたものなんです♪

レストラン道のオムライスは2代目シェフがホテルニューオータニで
修業を積んで戻った2000年ころからの定番メニューで今は
ハンバーグとのセットが大人気メニューになっています。

上にかけるのはデミグラスソースとトマトソースの2種類から選びます。
ハンバーグにデミグラスがたっぷりかかっているのでShinly的には
トマトソースを選ぶと両方のソースが味わえるのでオススメ(笑)

ハンバーグのお肉は甘味のある脂身にジューシーでやわらかい
肉質が特徴の那須郡司畜産の白豚肉を使用して
いるそうなんですが・・確かに!お肉自体が甘みというか・・
旨味があってだからこの肉汁なのね!
と納得のうまさです(*≧▽≦)bb

溢れた肉汁とデミグラスソースを合わせるともう全部お皿まで
舐めちゃいたくなってしまいます(笑)

開店当初から同じ味を作り続けているというカレーも
沢山の素材が愛情というスパイスと共にコトコトと今日も
煮込まれています・・

辛さも甘口から辛口まで選べるのでいろいろ試してみてくださいね(笑)
ちなみに普通は中辛なんですがまろやかな甘さの後にピリッと
スパイシーなのでとりあえずは通常の味から・・がいいかも♪

レストラン道ではお肉だけではなくすべての素材にこだわり
特に那珂川町の特産品などを率先して取り入れ地産地消に
積極的なんです♪
大切に守り続けている味は訪れた誰をも包み込む優しい味・・
かつて馬頭町でご両親が始めたという小さな喫茶店の味は今も
守り続けられ地元の方だけではなく那珂川町にやってきた方にも
愛されています。

是非皆さんもレストラン道に寄り道してみてください♪

にこやかな笑顔で「おかえりなさい」と迎えてくれるような・・
そんな懐かしい洋食屋さんです(*^_^*)

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

昔ながらの洋食屋さん
http://www16.ocn.ne.jp/~michi22/

アクセス 国道293号線 ばとうバイパス 
     千年屋さんのある交差点をセブンイレブン側におよそ100m

定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

営業時間 ランチタイム 11:30~14:00
     ディナータイム 17:00~21:30(LO 21:00)

お問合せ 0287-92-3363

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

【那珂良しラジオ】八溝ししまる

2012 年 1 月 25 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

近年、人里に出没するニホンイノシシの数は増加傾向にあり、
那珂川町も例外ではありません。

農作物に被害を及ぼし、年々増加しているイノシシを捕獲し、
そのお肉を地域資源としたものが『 八溝ししまる 』です。
イノシシ肉の加工施設の設置は県内初で、
全国から大きな注目を集めています。

八溝山系を元気に走り回った 八溝ししまるは、
香りが良く、しっかりとした歯ごたえの中にも柔らかさがあるのが特徴です。

低カロリーで、地方によっては「風をひいたらイノシシ肉を食べろ!」
と言われているほど、イノシシ肉は栄養のある食品として知られています。

噛めば噛むほど口のなかに広がる、深い旨みと味わいを
ぜひ、味わってみてください!

☆ 八溝ししまる取扱い店はこちら ☆

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

【那珂良しラジオ】武茂の郷 旬のジェラート

2012 年 1 月 18 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

全国には「道の駅」が沢山あって
最近道の駅グルメや温泉などが
注目されています。

那珂川町にある道の駅も毎日多くの人が訪れる
人気のスポットなんです!
中でも敷地内にある「夢茂の郷」(むものさと)の
ジェラートは毎週のように訪れる方も多く、那珂川町に
来たら必ず立ち寄って食べたくなっちゃうんです♪

特に常連さん注目なのが季節のジェラート♪

冬に出回るあのフルーティ&ジューシーな
赤いダイヤモンド♪とちおとめがっっっ!!

「夢茂の郷」は「道の駅ばとう」の敷地内の
「那珂川町観光センター」の中にあるジェラート屋さんです♪

アイスケースには常時20種類のジェラートが用意されていて
チョコレートや抹茶などの定番なものや季節のジェラートが
大人気なんです♪

中には「今年はいつからですか?」「まだですか?」と
毎年楽しみにしている方もいらっしゃるとか・・。

今回ご紹介したのは栃木県の名産「とちおとめ」を使った
この時期ならではのジェラート「生いちごミルク」

このイチゴはお店の近くの農家から毎日新鮮なものを
仕入れているのですが実はこのイチゴは農林大臣賞も
受賞したことのあるという美味しいとちおとめ♪

そして「生いちごミルク」という「生」がついているのには
作り方に秘密があったんですね!
なんとこの生いちごミルクは注文を受けてからひとつずつ
作っていたんです!

まず真っ赤に熟したピカピカのとちおとめを数個
アイスケースに入れます。
そして超原始的とでも言いますか(笑)・・潰します。
ごんごんごんごん・・とマッシュポテトを作るときに使う
平べったい穴あきオタマみたいなので(笑)

出来上がった生いちごミルイクには程よく混ぜ合わされた
生のとちおとめがごろごろ♪
想像以上な大きさと量が入っていました(笑)

夢茂の郷のジェラートはこれまで何種類も頂いている
Shinlyですが・・生いちごミルクを食べた時に感じたのが
ベースのミルクアイスの味が違う!?
なんと!合わせる素材(果物)によってベースのアイスの味を変えて
いるのだそうです!!確かに同じ「ミルク」とつくジェラートでも
色が違いました(*。*)

昨年秋には「なつおとめ」というジェラートが記憶に新しい方も多いかと
思いますが同じイチゴのジェラートでもミルクの濃さや
甘さが違うんです!
どこまでも素材を活かすという「味」にこだわりを感じますね♪

こうなるとこれからどんな季節のジェラートを予定しているのか
気になるところですよね!ちゃんと聞いてきましたよ♪

2月頃から一足早く春の香り「さくら」
春には大納言小豆との絶妙なコンビ「よもぎ」
夏には那珂川の完熟トマト桃太郎の「トマトのシャーベット」
夏を過ぎたころには「木になるカスタードクリーム」とも言われる
幻のフルーツ「ポポー」なんていうのも登場予定だそうです♪

うわぁ~っ!楽しみ~っ(*^^)v
でもこれ以外にももっともっといろいろな種類が突然登場
するかもしれません♪要チェックですね(笑)

この他にも地元の素材を活かしたサツマイモ紅あずま「」と白相酒造さんの
「とちあかね」という焼酎を合わせたものやブルーベリーなども
楽しむことができます♪

絶対何にしようかって迷うと思います(笑)
でもそういう時には!「ダブル」がオススメ♪
是非2種類のアイスを食べちゃってください(笑)

シングル:250円
ダブル :300円

カップかコーンを選ぶこともできるし一部種類はカップ販売もしていて
地方発送も可能です。

こだわりぬいた素材の良さを最大限に活かし流行も逃さない(笑)
今はやりの生姜を使った「しょうがミルク」もオススメ!
クリーミーで濃厚なゴマのジェラートも驚きの美味しさだと思います!

Shinlyは桃の果肉とココナッツミルクの「桃杏仁」の
注文率が高いですけど・・(笑)

最後に夢茂の郷人気ジェラートランキング☆

1位 季節のジェラート
2位 イタリアンバニラ
3位 抹茶

これだけ見ると定番な感じがしますが・・
まぁだまされたと思って食べてみてください♪

イタリアンバニラのこだわりはバニラビーンズを贅沢に使った
まろやかで濃厚な贅沢なお味♪

抹茶は口の中に広がる厳選された抹茶の味わい深いお味♪

抹茶やゴマってものによっては粉っぽさというかざらつき感が
あったりしませんか?夢茂の郷のジェラートはどれも舌触りが
いいんです♪

お話を伺った岡崎さんのオススメは・・

  冬には「おぐら」

冬には・・というところもポイントです♪
こちらも想像以上のクリーミーなジェラートでバニラと小豆の
絶妙なマッチング!!!

・・って・・どれもこれも美味しいって話ですね(笑)

とにかく是非召し上がってみてください!
きっと全種類制覇したくなると思いますよ♪

新しいフレーバーが登場するときには番組内でもご紹介して
いきますのでお聴き逃しなく♪

ちなみに子供たちに人気なのは

1位 チョコチップ
2位 ストロベリー
3位 メロン

だそうです♪

****************************************************

夢茂の郷(むものさと) 

アクセス 国道293号線沿い 道の駅ばとう敷地内 
     那珂川町観光センター内

定休日:不定休(元旦 1/2休業)

営業時間 9:00~17:00(冬季)

お問合せ 0287-92-0061

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

【那珂良しラジオ】白相酒造 香り豊かなお酒

2012 年 1 月 18 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

誕生日に結婚式、入学式・卒業式と
人生の節目には、「 花 」がかかせません。
しかし花は見て楽しむだけのものではありません。
那珂川町の蔵元 白相酒造では、
花酵母を使った香り豊かなお酒を作っています。
酵母なくして、酒はなし!
はたして、花酵母とは??

現在の一般的な清酒醸造は、日本醸造協会が清酒もろみ等から
分離培養したものを使用していますが、
花酵母は、東京農大短期大学部の中田教授が世界で初めて
花の蜜から酵母を分離して誕生させたものです。

清酒酵母の集まりやすい環境に適した花を採取し、
特殊な技法で抽出分離・培養したところ、
発酵能力に優れ、味・香りとも華やかで
しっかりとした旨みを持った個性的な清酒を作り出す花酵母が誕生しました。

花というと、目で見て楽しむことが多いですが、
この花酵母を使ってお酒を醸せば、
“花を味わう”という楽しみ方もできます。

花は、人間が生まれてから死ぬまで、
要所要所、いろんな節目のところで人生につきものです。

人生の大切な節目に、このお酒で「 花 」を添えてほしい……
そんな思いを込めて、花酵母のお酒がつくられました。

現在、白相酒造で取り扱っている花酵母は十数種類にも及びます。
花の種類は、ベゴニアやニチニチソウ、ツルバラ、イチゴなど。
花の形が違うように、
花酵母が与える香りと味わいは全く異なります。

花酵母によって特徴があるので、
白相酒造では、
それぞれに合った もろみ の温度経過をとったりと、
細やかな管理が行われています。

番組内で板橋が試飲させて頂いたものは、

ツルバラの酵母で醸した芋焼酎  と
紫芋をニチニチソウの酵母で醸した芋焼酎

白相さんから、
「味と香りは相当違うよ!」と話を聞いていたのですが、
その言葉の通り、素人でもわかるくらい香りと味わいは
全く異なるものでした。

お酒の奥の深さに、いたく感心してしまいました。

みなさんもぜひ、白相酒造の花酵母のお酒を飲み比べてみてください。
きっとあなたのお気に入りのお酒が見つかるはずです!

白相酒造では毎年、多くの新しいお酒を発売しています。
今年も、白相酒造の美味しいお酒に期待してください!

*******************************************

白相酒造 
〒324-0501 栃木県那須郡小川町715-2
TEL :0287-96-2015 / FAX :0287-96-2016
URL :http://www.shiraso.com/index.htm

*******************************************

番組ホームページはこちら♪
www.berry.co.jp

【那珂良しラジオ】福禄寿・乾徳寺 「八溝七福神巡り」

2012 年 1 月 11 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

明けましておめでとうございます♪
2012年最初ののリポート先は八溝七福神 福禄寿様を
お祀りしている曹洞宗 龍澤山 乾徳寺でご住職と共に
お参りをしてきました♪

春には花観音、秋には見事な紅葉で知られている乾徳寺は
那珂川町馬頭の広重美術館の横にあり、開山(創建)は
今からおよそ550年前頃という古刹で当時の武茂城城主
武茂泰宗の菩提寺です。

そんな歴史ある乾徳寺で44代目ご住職真澄(しんちょう)様に
お参りのお作法などを伺いながら今年の願をかけてきました♪
これで那珂良しラジオも人気上昇!?(笑)

八溝山系国道294号線沿いおよそ37Kmという広い地域の
七つの寺院で七福の神様がおまつりされています。
これが八溝七福神!
「七福神」は古くから民間信仰として親しまれきました。

7つの寺院のうち 2つが那珂川町にあるんです♪

七難即滅・七福即生
これは世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害
水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、七つの福が
生まれるという意味です。
つまりその七つの福=七福神というわけですね♪

皆さん七福神すべて言えますか?

毘沙門天(びしゃもんてん) 三光寺(那須町芦野)
布袋尊(ほていそん) 不動院 (大田原市久野又)
恵比寿尊(えびすそん) 明王寺 (大田原市黒羽向町)
寿老尊(じゅろうそん) 威徳院 (大田原市湯津上)
大黒天(だいこくてん) 光丸山 (大田原市良土)
弁財天(べんざいてん) 光照寺 (那珂川町小川)
福禄寿(ふくろくじゅ) 乾徳寺 (那珂川町馬頭)

以上7か所の八溝七福神♪

では!あらためて乾徳寺さんでのお参りをおさらいしましょう♪

この白藤は上り藤というもので4月後半から5月前半の藤の季節には
下に垂れ下がるのではなくやや大きめの花房が上めに花開き
香りが境内中に漂うのですが・・この時期はとりあえず想像だけで(笑)

そして本堂の前で「縁の綱」という五色の紐を引いてお参りします。
これはお釈迦様の右手と結ばれている紐なのでこの紐を引く
ことによってお釈迦様と手と手が繋がる
ということになるのです♪

このお参りの後「身代わり守」というお守りを頂きます。
これは乾徳寺での七福神の参拝記念にこのお正月の時期だけ
頂ける有難いお守りです。
頂いたら日頃から持ち歩いたり身の近くに置く
などするといいそうです♪

ではいよいよ福禄寿様をお参りします。

まずは礼をしたら手を合わせます。
この時「右手が神様」「左手が自分」として
丁寧に合わせましょう。これで神様と一つになれるのです。

しっかりと福禄寿様を見つめ、ご真言を唱えます。

「南無 福禄寿尊 おん まかしり そわか」

南無というのは帰依するという意味で解りやすく言うと
あなたが大好きですよ・・というような意味なのだそうです。
なので神様をお呼びするときは「南無」とつけるとよりよいのです。

このご真言はそれぞれの神様ごとに違うので七福神巡りの際は
それぞれの場所でご確認くださいね。

これでお参りは完了したのでご朱印を頂いきます。

ご朱印帳や色紙などは用意のない方は購入もできますのでご安心を♪
(実は7か所巡れなくても7箇所全ての御朱印が全部揃っている色紙
「満願色紙」というのもありますのでとりあえず行ってみて7か所全部
巡るか考えるのもアリです(笑))

お参りにはその寺院それぞれの手順のようなものが
あるらしいのですがお参りのポイント!というのは
基本的にどこも同じなので・・皆さんもお参りを
されるときには是非思い出してくださいね♪

初詣はその土地の氏神様やその年の恵方に当たる神社にお参りする方も
多いと思いますが、様々な福をもたらすという七福神巡り・・

七福神めぐりはお正月のうち(7日まで)に巡るといいと言われていますが
1年を通していつでもお参りすることができますので
ゆっくり時間をかけて八溝の景色を楽しみながら訪れても
いいと思います。

色紙にはお参りした年の年号印を押していただけるので
いい記念にもなりますよね♪

****************************************************

曹洞宗 龍澤山 「乾徳寺」

アクセス 国道293号線から県道52号線へ 馬頭広重美術館の隣

お問合せ 0287-92-2247

【那珂良しラジオ】まほろば太鼓

2012 年 1 月 11 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

倭(やまと)は 国のまほろば
たたなづく 青垣
山隠(やまごも)れる 倭しうるはし

この歌はまさに、
なだらかな山々と清流 那珂川につつまれた小川町の情景と
ぴったり重なります。
そんな まほろばの里に響きわたるのは、
『那須小川まほろば太鼓』の力強い音色です。

那珂川町のお祭りや記念式典など、おめでたい席には必ず
『 那須小川まほろば太鼓』のみなさんの演奏があります。

那須小川まほろば太鼓は、小川町制施行60周年記念事業の
目玉として平成8年の12月に創設されました。

きっかけは旧小川町長の
「太鼓っていいよな~」という何気ない一言。

この言葉を受けて、現 まほろば太鼓 保存会会主の星 和好さんが
県内・県外の太鼓団体をあちこち視察して回り、
創設にあたっては秋田県仙南村(現 美郷町)に指導を、
大曲太鼓道場(現 蘭導)の鈴木孝喜さんと高田佳子さんに
作曲と太鼓の作製、指導を依頼しました。

そして、まほろば太鼓が一番最初に作った曲というのは

『那須小川まほろば太鼓3部作』
第一部「天地の鼓動(てんちのこどう)」
第二部「国造(くにづくり)」
第三部「飛躍天翔(ひやくてんしょう)」

この曲は、旧小川町の過去から未来を表しており、
古代文化の町にふさわしい曲に仕上がっています。

二十数名の打ち手も揃い、
平成10年6月の小川町制施行60周年記念式典のお披露目では、
参列者に大きな感動と感銘をあたえ、大成功を収めました。

現在では曲も十数曲にまで増え、高い評価と認知度で、
町内外問わず数多くのイベントに招かれています。

那須小川まほろば太鼓は、
ようやく15年という区切りを迎えることができました。
しかし200年、300年と続く伝統芸能とするために、
今はまだ礎作りの途中です。
まほろば太鼓の今後の活動にもぜひ注目してください!

【那珂良しラジオ】和洋菓子 わみや

2012 年 1 月 4 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

2011年最後のリポート先は和洋菓子の「わみや」さん♪
創業75年という老舗和洋菓子「わみや」さんは
地元の方がお遣物にするととても喜ばれるという
大人気のお菓子があります♪

ご家庭のおやつには勿論のこと!
お友達のお宅やご親せき宅など訪問の際には
「わみや」の和洋菓子はいかがですか?

美味しいお菓子は自然に人を笑顔にしてくれますよね♪
そして疲れた心もほぐしてくれるものです♪

そんな美味しいいろいろなお菓子をご紹介しましょう♪

わみやさんの人気のお菓子はいろいろありますが
中でも「わみやの代名詞」ともされるのがShinlyの大好きな
生クリームの入った「生クリーム大福」(*^^)v

もっちもちのお餅に餡と生クリームの絶妙なハーモニー!!♪

この皮の部分が牛皮やすあま等とは違ってしっかりしたお餅なので
柔らかいのに弾力があって更にほんのーり甘い♪

餡もこの大福のために作られていてとてもしっとりクリーミーで
甘さ控えめな口当たりも最高!そして程よい生クリーム!!

もともと和菓子屋さんだった「わみや」さんでは現在の3代目になって
洋菓子も始めたのをきっかけに新しい和と洋の
コラボレーションが誕生しました。その人気ぶりは
平日でも200個以上!
番組内ではご主人謙虚に平日よりちょっと売れますっておっしゃって
ましたが(笑)週末などはなんと500個以上も売れるのだそうです♪

この日も山積みの生クリーム大福は1時間で空っぽ(笑)
再び山積みにされたものも1時間後に空っぽ(笑)

1箱80個に積まれていたトレーは4段目・・(*。*)

そして那珂川町で温泉トラフグの養殖の成功を機に
新たなお菓子も生まれました!!
それが「とらふぐの学校」♪
可愛らしいトラフグのイラストのパッケージの中には
黄身色のこれまたまぁるいトラフグの焼き印を押されたおまんじゅうの
ようなふっくらしたお菓子が・・見た感じは白餡のおまんじゅうかな?
という感じですがじつはこれ!!!お味はチーズケーキ!!
ほわっと柔らかい食感のチーズテイストのお菓子♪
可愛らしさと美味しさで実は今では生クリーム大福と
肩を並べるほどの人気商品になっているそうです!!

そしてもう一つご紹介したのが「トラ焼き」
「どら焼き」ならぬ「トラ焼き」「〝」(濁点)のない通り「虎模様」の
スポンジ生地に程よい甘さの粒あんにバターの入ったトラ焼き!
まずはこのスポンジのしっとりふわふわ感が和菓子なのか
洋菓子なのかって思うほど♪そしてこのバターがすごい!絶妙!
バターなら何でもいいというのではなく餡を引きたてる塩気!
「バター入りどら焼き」というを召し上がったことがある方も
いらっしゃるともいますが・・わみやのバターの量はちょっと多めな
ところがまたいいんです♪だからと言って脂っこいという感じは
全くしないんです♪これがまさにこだわりぬいた味と量なんですね♪

わみやさんのお菓子は大人も子供も甘党さんも甘いものがちょっと
苦手な方にも喜ばれています♪
お友達のお宅にお呼ばれするときやご親戚へのご挨拶など
ちょっとしたお遣物に大変喜ばれています♪

是非皆さんも一度召し上がってみてください♪
きっと「また食べたい」と思うと思いますよ(*^^*)

****************************************************

和洋菓子 「わみや」

営業時間 7:30~18:00

定休日  木曜日 元旦

   ※ お正月は1月2日より営業します

アクセス 国道293号線から県道52号線へ 馬頭広重美術館の先

お問合せ 0287-92-2211

【那珂良しラジオ】白相酒造 温泉とらふぐヒレ酒

2012 年 1 月 4 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

那珂川町の特産品 温泉トラフグと小砂焼、
そして那珂川町の銘酒が一度に楽しめる「 温泉とらふぐヒレ酒 」
温泉トラフグのヒレも、小砂焼の酒器も、日本酒も、
すべてこのヒレ酒のために作られたものです。
ALL 那珂川町のこの商品。
2012年は、これで『フク(福)』を呼ぶこと間違いなし

那珂川町の新しい特産品として、県内外のみならず
海外からも注目を集めている 温泉トラフグ 

せっかく那珂川町での事業なのだから、
那珂川町の地域資源と連携して何かできないか?

このような発想から生まれたのが『 温泉とらふぐヒレ酒 』です。

ヒレ酒セットには、温泉トラフグ、小砂焼の酒器、
そして那珂川町の酒蔵 白相酒造の日本酒を使っており、
この商品ひとつで、
那珂川町の3つの特産品を楽しむことができます。

小砂焼の酒器は、
5つの窯元がそれぞれ焼いたもので、デザインは様々。
そして、日本酒もこのヒレ酒のために白相さんが作りあげました。

白相酒造の 十数種類の花酵母のなかから
ヒレ酒にあう酵母、日本酒度を試行錯誤しながら選び、
甘辛のお酒に仕上げています。

温泉とらふぐヒレ酒セットは、
小砂焼の美しさを目で見て楽しみ、ヒレを焙って香りを楽しみ、
そして飲んで美味しい、五感で楽しめるようになっています。

すべては『 Do It Yourself 』
自分自身ですることにも、美味しさの秘密です。

それではここで、温泉とらふぐヒレ酒の美味しい頂き方をご紹介しましょう!

【壱】ヒレを焙る
   ヒレはオーブントースターなどを使用し、弱火でじっくり焙るのが
   ポイントです。

【弐】酒器の準備
   小砂焼の酒器は熱湯で温めておき、
   お酒を注ぐ前にお湯を捨て余熱で乾かしておきましょう。
   
【参】超熱燗の準備
   電子レンジを使い、日本酒は75~80℃くらいの超熱燗に!
   こんがりと焙ったヒレを酒器に入れ、
   そこに超熱燗の日本酒を注ぎ、蓋をします。

【四】火をつける
   蓋を取り、サッとお酒の表面にチャッカマンなどで火をつけ、
   また蓋をします。
    ↑青白い炎があがります。見とれているとアルコールが
    飛びすぎてしまうのでご注意を。
   
【五】さぁ、お楽しみください!!
   いよいよ完成! 蓋をしてから3~5分で出来上がります。
   温泉とらふぐヒレ酒の豊かな香りをお楽しみください♪
    ↑蓋をあけた瞬間、広がる香りは幸せな気持ちにさせてくれます。
    味わえば、心も体もポッカポカ◎ 贅沢な一時をお楽しみください!

酒器は、小砂焼の窯元によってすべて手作りで作られています。
商品によっては、予約販売となり少しお時間を頂いてしまう場合がございます。

酒器のデザイン、在庫状況、納品時期、お値段(¥5000~7000)などについて詳しくは、

白相酒造しらそうしゅぞう)までお問い合わせください。

TEL 0287-96-2015 / FAX 0287-96-2016
〒324-0501 栃木県那須郡小川町715-2

寒い冬は温泉とらふぐヒレ酒を飲んで心も体もポッカポカ!
那珂川町を目で見て、触って、味わって、
2012年はこれで『フク(福)』を呼びましょう!!