2011 年 11 月 のアーカイブ

【那珂良しラジオ】 もうひとつの美術館

2011 年 11 月 30 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

那珂川町には、それぞれ個性豊かな美術館が3つあります。
そのなかの一つ、『もうひとつの美術館』は、
日本で初めてアウトサイダーアートをテーマに掲げた美術館です。

那珂川町小口、小高い丘の上に明治・大正の面影を残す小学校があります。
この木造の昔懐かしい校舎を使って開設されたのが、
『 もうひとつの美術館 』です。

もうひとつの美術館は、日本で初めて

“アウトサイダーアート(アールブリュット)”

をテーマに掲げた美術館です。

アウトサイダーアートとは、年齢・国籍・障害の有無・専門家で
あるなしを超えたアートのこと、
つまり、「みんながアーティスト、すべてはアート」なんです。

その中でも、もうひとつの美術館では知的障害者と呼ばれる人たちの作品
を中心に展示しています。

彼らの作品には、正直な感性、力強さがあふれており、
そのユニークな世界観、訴えかける力には、思わず衝撃を受けてしまいます。

さらに、温かみのある木造校舎に飾られた作品たちは、
より表情が豊かに、生き生きとしている感じがします。

そんな もうひとつの美術館は今年、開館10周年を迎えました。
そこで行われている企画展が、

もうひとつの美術館 10th Anniversary いままでと現在(いま)

です。

もうひとつの美術館は、2001年の夏から30回にわたる企画展を開催し、
収蔵作品も少しずつ増やしてきました。

また展示作家も、この10年の間にそれぞれ作風が少しずつ変化し、
新たな作風で作品を作り出しています。

今回の展示では、もうひとつの美術館の軌跡である収蔵作品と、
過去に展示した5人の作家たちの作品を取り上げられています。

作品は、過去と近年のものが並べてあり、
いままでと現在(いま)の変遷を楽しむことができます。

使っている画材や描く対象、色・・・・

大きくは変わってはいませんが、作品の変化と、
この10年という年月の長さと深さを感じられます。

とても見ごたえのある展示です!
ぜひ、お出かけください。

もうひとつの美術館 10th Anniversary いままでと現在(いま)は、
12月11日(日)までです。

お見逃しのないようにしてくださいね!

***********************************************

もうひとつの美術館
〒324-0618 栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
TEL & Fax 0287-92-8088 

開館時間 10:00~17:00(入館は16:30)
休館日  月・火曜日(ただし祝・祭日は開館)

***********************************************

【那珂良しラジオ】鷲子山上神社 夜祭り

2011 年 11 月 29 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

11月19日(土) 鷲子山上神社の大祭「夜祭り」に行ってきました。
あいにくの天候のなか行われた夜祭りでしたが、
雨音、雨粒によって広がる温かな光と、
より幻想的な神事を体験することができました。

11月19日(土)は、朝からあいにくの雨。

夕方までに降り止む様子もなく、
雨が降りしきる中、鷲子山上神社の夜祭りが行われました。

午後5時。

辺りはもう、すっかり暗くなり、境内のライトの光の筋も
はっきりと見えるようになってきました。

鷲子山上神社の黄色から赤のグラデーションに染まった
もみじの木には、さらにライトのオレンジ色が加えられ、より一層、美しさを増していました。

午後5時半。

社務所の前に、白い装束を身にまとった6人の神職のみなさん、そして3人の総代の方々が、ずらりと並びはじめました。

みなさん、手には提灯を持っており、その姿・様子は
まさに江戸時代にタイムスリップしたようでした。

鷲子山上神社の夜祭りは、
本宮祭・本殿祭・三本杉祭の3つのお祭りからなっており、
境内のなかの本宮、本殿、三本杉神社を順にお参りしていきます。

まず、はじめは本宮。
本宮は、金色の大フクロウ像が鎮座しているところです。

神職のみなさんを先頭に、
朱色の鳥居・綺麗に色づいたもみじのトンネルをくぐり抜け、
本宮へ向かいます。

石段上の本宮では、大フクロウ像が見守るなか、一つ目の神事が静かに執り行われました。

そのあとはもう一度、社務所へと戻り、
三本杉神社・本殿での所作を神職のみなさんで確認。

いよいよ、フクロウ(片道 96段、往復 二の96段)の階段をあがり、本殿へ向かいます。
暗闇のなか、わずかの明かりを頼りに、
一段一段、足元を確認しながら、
いつもよりもじっくり時間をかけて、本殿へと辿りつきます。

本来ならば、先に、本殿脇に立つ三本杉神社の前で神事を行うのですが、
この日は雨のため、本殿内にむしろを三本杉神社に向かって敷いて、
祝詞をあげました。

そして残すは、本殿での神事です。
拝殿の奥、扉に隠された向こう側には、階段があり
普段は見ることができない御神体を収める本殿を
目にすることができました。

扉が開いた瞬間、姿は見えないものの、
神様がそこにいるような感じがしました。

祝詞をあげ、柚子やお神酒、黒豆、お団子をお供えした後、
神職のみなさんがこれらを口にし、
参列していた私たちにもお神酒、黒豆、お団子が振舞われました。

一夜造りの甘酒、味のついていない黒豆、お団子。
お団子と黒豆はヒギ(栗の木片の盛皿)に盛られており、
ヒギは持ち帰ることができます。

どれも素材の味が活かされた昔ながらの味で、
神様にお供えした同じものを、同じ場所で、
頂くことで、さらに美味しく味わうことができました。

まさに、神人共食の体験でした。

帰りには、「福たまご」のお土産も頂くこともできました。

『神様は、この世の不浄をとても嫌います。
 今年は様々なことがありました。
 この日の雨は、悲しみや苦しみを流すための雨なんです。』

最後に、長倉宮司からこんなお話を頂きました。

その証拠に、夜祭りが終わると雨脚は弱くなり、
あっという間に止んでしまいました。

ほかにはなかなか見ることができない、この伝統的な神事。
来年は、ぜひみなさんも体験してみてください。

第8回広重紅葉まつり

2011 年 11 月 25 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

「那珂川町南町商店会」さんのブログより引用です。

***************************************

11月27日(日曜日)第8回広重紅葉まつり開催

※第30回ゆりがねマラソン大会と同時開催

※駐車場完備

(室町交差点~田町交差点まで歩行者天国)AM8:00~PM5:00
心のふるさと馬頭へみんなで行こうよ!!多彩なイベント、南町商店会も真心サービスでおもてなし!!是非おいでください!!
☆二大寺院紅葉巡り
◎馬頭院・水戸黄門ゆかりの寺(黄門様お手植えの、年に3度花が咲く三度栗)
◎乾徳寺・紅葉千本、せせらぎの小径、喫茶去

【アトラクション1】 10:00~14:00 広重イベント広場(南町小公園)
●ちびっ子ワールド(わくわくバルーン)10:10~10:30
●よさこいソーラン夢っ子10:30~11:00
●遠藤かすみショー(ミュージックポスト専属)11:00~11:30
●馬頭中学校ブラスバンド部演奏12:00~12:30
●ちびっ子ワールド(わくわくバルーン)12:40~13:00
●北村竜二ショー(テイチク専属)13:00~14:00

【アトラクション2】酒蔵コンサート15:00~16:30
●大澤ゆうと(小学2年生)バイオリンコンサート15:00~5:30
●石の蔵ビュースタジオジャズコンサート15:30~16:30

【地元名産物出店】
●新そば感謝祭(那珂川町そば生産組合)
●しいたけ・なめこ・新鮮野菜直売(軽トラ)
●揚げたてメンチ・コロッケ等販売

☆馬頭高校水産科生徒の活動コーナー(水産科生徒製造による那珂川町産鮭使用”魚醤”の販売他)10:00~15:00

☆広重美術館無料開放9:30~19:30
◆美術館正門付近ライトアップ◆がんばろう栃木!特別展(川瀬巴水:栃木からの旅路展)◆美術館内アプローチ「雪月花」リニューアルオープン

☆郷土資料館常設展9:00~16:00◆那珂川町のたばこ栽培の今昔

主催:那珂川町商工会まちづくり委員会
後援:那珂川町・那珂川町商工会・那珂川町観光協会・馬頭広重美術館
連絡先:那珂川町商工会TEL0287-92-2249 那珂川町観光協会TEL0287-92-5757
※画像は2010第7回広重紅葉まつり

馬頭竹芸会の竹切り、無事終了

2011 年 11 月 23 日 水曜日 ★posted by『くさぼうぼう』★

那珂川町の「馬頭竹芸会」に夫婦で参加させて頂いて1年半。毎月2回、馬頭のすくすくの森の建物で竹細工を楽しむ会です。全国竹芸展で賞をいただくような方たちも大勢いらっしゃいます。11月23日は毎年恒例の竹切りの日でした。

 

9時、集合。集まったのは男性20人、女性6人。私たち(64歳)が一番若いのでは?70代80代の方もおおぜいいらっしゃいます。

簡単な打ち合わせの後、武茂川沿いの町内の某家の竹林から真竹をいただきに出かけました。まず切った竹を出しやすくするために余分な竹を切って通路を作ります。

次にベテランの会員が、切り出す良い竹にテープを巻いて印を付けていきます。

天まで伸びた、太さ15~20cm、長さ20m、重さ70~80kg近くもあろうかという真竹の根本を切りますが、混み合っていて倒れません。そこで根本を持って全体を持ち上げ、方向を決めて竹林の中を走ります!

豪快です。長い竹は他の竹のすきまを滑って地面に倒れます。

それを3.5mの長さに切りそろえ、一本ずつ肩にかついで竹林から出し、軽トラに積みます。

 

水分をたっぷり含んだ生の竹は重く、3.5mのものでも太いものは肩にずっしり食い込みます。これを何回も繰り返すのですが、肩はだんだん痛くなるし、足は重くなるし…。でも80代の方だっていっぺんに2本もかついでいるので、力をふりしぼってがんばりました。午前中は軽トラ6台分、300本近く。

はらぺこで帰ったすくすくの森では女性たちが昼食を作ってくれています。

 

うどん、具だくさんのけんちん汁、そして、那珂川で捕ったシャケでちゃんちゃん焼き、さらに那珂川で捕ったアユ(もちろん天然物!)の唐揚げが70匹。会員の方で那珂川で漁をなさる方からの提供です!

自家製のたくあんや、ぎんなんの実の天ぷらも。どれをとってもおいしくて、大満足でした。

さあ、午後の部。あと軽トラ3台分を切るとのこと。ところがみんなお腹がいっぱいで、う~ん、動きたくない!

でも、ちょっとペースは落ちましたが、なんとか目標達成。

すくすくの森に戻り、竹を整理して、お茶を飲み、おやつを食べ…。会長さんの〆の挨拶で、今年も無事に竹切りが終わりました。1年分の竹が捕れました。またみんなで竹工芸の腕の研鑽に励みます。この日の竹は屋外に立てかけて乾燥させ、2月の竹煮(アクだし、晒し竹にする)を待ちます。

 

私は、心配していた腰痛も忘れて、1年で一番筋肉を使いました。汗もかきました。万歩計は1万4千歩。腕の筋肉が痛くなり始めています。でも、持病のことも忘れ、こんなに健康的に動けたなんて、ほんとうに幸せです。4時前、紅葉真っ盛りの那珂川町すくすくの森をあとにしました。そのまま那珂川町の町営ゆりがねの湯に直行したのは言うまでもありません。露天風呂から夕暮れの那珂川を見下ろして、一日の疲れを癒しました。トンビがゆったりと輪を描いていました。

那珂川町、万歳!!

癒しフェスタinうつのみや

2011 年 11 月 22 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

宇都宮市のマロニエプラザで、『癒しフェスタ』inうつのみやが開催されます。

  • 第5回「癒しフェスタ」inうつのみや
  • テーマ:ありがとうの絆
  • 日時:12/4(日)AM11:00~PM4:30
  • 会場:マロニエプラザ小展示場(栃木県宇都宮市)
  • 入場料:無料
  • 公式ホームページ:http://www.iyashifesta.com/
癒しフェスタ

癒しフェスタ


大きな地図で見る

今こそ輝け憲法九条『三上 満』講演会のお知らせ

2011 年 11 月 22 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

那須野が原・九条の会+那須南九条の会 共催企画

今こそ輝け憲法9条『三上 満』講演会

《宮沢賢治の平和思想にもふれながら》
宮沢賢治。詩人であり児童文学者、科学者(農学者)にして宗教家、そして教育者にして農村での実践者。37年の短い生涯を創作と献身に生きた賢治。その賢治文学にちりばめられた平和思想は、当然戦争や暴力への厳しい批判に連なっています。
今回は、皆さんおなじみの『金八先生』のモデルの1人で、教育評論家であり賢治研究家としても有名な三上満さんに、賢治文学の旅をしながら講演していただきます。

  • 講師:三上 満 氏(教育評論家&賢治研究家)
  • 期日:11月27日(日)
  • ●午前の部:会場/那須塩原市 厚崎公民館2F:10:00〜12:00
  • ●午後の部:会場/那須烏山市 烏山公民館:14:00〜16:00
※特別プログラム(講演に先立ち行ないます。約30分)
五感で感じる宮沢賢治
語りとスライドと打楽器による「なめとこ山の熊」
・原作:宮沢賢治
・語りとうた:村山哲也
・スライド原画:小塚 博
・作曲・打楽器:都野祐俊(敬称略)
  • 主催:那須南九条の会 那須野が原・九条の会
  • 後援:那須烏山市 那珂川町 那須烏山市教育委員会 那珂川町教育委員会 下野新聞社 いわむらかずお絵本の丘美術館 もうひとつの美術館 ギャラリーアートれい ギャラリーここ侶
  • 問い合わせ先:午前の部:印南(080-5174-3647)午後の部:高野(090-8683-1261)

《三上 満さんのプロフィール》

「教育は子どもの希望を育むもの」という信念のもと、非行問題や家庭教育を説く教育者。その教育実践が『3年B組金八先生』のモデルになった。
1955年、東京大学教育学部卒業。東京都公立中学校などの教諭を経て、86年に東京都教職員組合副委員長、その後委員長になる。全日本教職員組合(全教)委員長や全国労働組合総連合(全労連)議長などを務める。99年東京都知事選に革新無所属で立候補し、善戦。その後『子どもの権利・教育・文化全国センター』代表委員を務める。
教育問題を中心に、著書を多数出版し、又宮沢賢治の研究をライフワークにしている。03年『明日への銀河鉄道 我が心の宮沢賢治』で第18回岩手日報賢治賞を受賞。『非行問題と学校』『眠れぬ夜の教師のために』『野の教育者・宮沢賢治』その他著書多数。

特別プログラム『なめとこ山の熊』関係者のプロフィール

《村山哲也(むらやまてつや)さん》 語りとうた

宇都宮大学教育学部音楽科卒業。バリトン。イタリア留学。コンセールバトーリオ・モルラッキにて声楽を学ぶ。国立ペルージャ外国人大学コルメディオ修了。帰国後、教壇に立つ傍ら、蝶々夫人、椿姫、カルメン、魔笛、フィガロの結婚、ラ・ボエーム、那須与一、日光、第九、ミサ曲など多数の講演に出演し好評を博す。現在、栃木県オペラ協会運営委員。宇都宮市民芸術祭運営委員。

《都野祐俊(つのゆうしゅん)さん》 作曲・打楽器

駒沢大学仏教学部仏教学科卒業。宇都宮大学教育学部音楽科卒業。打楽器を佐藤英彦氏(元日本フィル、旧烏山町出身)に、作曲法を飯田隆氏に、指揮法を汐澤安彦氏に師事。20歳ころ、宮沢賢治の文学に遭遇。自作品に「語りとスライドと打楽器による『なめとこ山の熊』」「打楽器アンサンブルのための『土の賦』」。

《小塚 博(こづかひろし)さん(故人)》 スライド原画

新構造社版画会員。六十周年特別功労賞受賞。スライド原画は、20年前『なめとこ山の熊』のために特に制作された。

●『なめとこ山の熊』あらすじ

なめとこ山の麓に小十郎という熊撃ちの名人がいた。彼は家族を養うために仕方なく熊を撃ったが、本当は申し訳ない気持ちでいっぱいであった。熊も撃ち殺されるのはもちろん迷惑だったが、そんな小十郎に親近感を抱き、いつも高いところから眺めていた。
山では気高い小十郎も熊の毛皮を売りに行くときはみじめで、ずるい荒物屋に不当に買いたたかれてしまうのだ。しかし、生活がかかっている小十郎は仕方なく手放してしまうのであった。
ある日、出会った熊に小十郎が鉄砲を構えたところ、なぜ自分が殺されなければいけないかを聞かれた。小十郎は、安く買い叩かれてしまい気の毒に思っていること、さらに本当は熊撃ちをやめて、草の実でも食べていても良いような気がする、と漏らした。すると熊は、残した仕事を済ませたら2年目に死んでいてやるから、と約束した。小十郎はそれを聞くと切なくなって見逃してやった。そして2年後、熊は小十郎の家にやって来て、約束どおり死んでしまった。小十郎は思わず拝むようにした。
1月のある日、小十郎は母に猟が嫌になったと弱音をはき、山に猟に出かけた。そして……。

大きな地図で見る


大きな地図で見る

投稿者の皆様へ『ダッシュボードが変わりました』

2011 年 11 月 18 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

馬頭情報!ではオープンソースのCMS『wordpress』を使用してサイトを運営していますが、このたびバージョンアップをおこないました。

それにともない、ダッシュボードのデザインがいままでとは変わりました。
基本的な機能はほとんど変わりませんので、探していただければどこかにボタンがあるはずです。
投稿に際して、ご不明な点などございましたら、管理人までお問い合わせください。
今後も、みなさまからの情報投稿をお待ちしております。
どしどし投稿してください〜♪

※追記です。
投稿画面で、抜粋、ディスカッション、リビジョンなどの項目が表示されていない場合は、画面右上の表示オプションをクリックし、開いた画面の中から表示させたいものをクリックしチェックマークを入れると表示させることが出来ます。

小砂・松並陶苑さんの穴窯に火が入っています

2011 年 11 月 18 日 金曜日 ★posted by『hirocraft』★
小砂・松並陶苑の穴窯

小砂・松並陶苑の穴窯

松並陶苑さんは、町内の県道・小口小砂線沿いにある窯元さんです。
もっとも、そちらは陶場とギャラリーで、この穴窯は少し離れた山の中にあります。

町内には登り窯や穴窯が何箇所かありましたが、
3.11の震災で難を逃れたのはここだけなのだそうです。

今回は先週土曜日の昼頃に火を入れられたそうで、あと3~4日間は焚き続けるそうです。
窯焚きの見学も大丈夫とのことですよ。
日中は、ずっと付きっきりで薪をくべておられますが、
炎が上がっているので、暗くなってからの方が見ごたえがあるかもしれません。

詳しくはこちら(写真もあります) → ヒロクラフトの暮らしの日記 『野山であそぼっ』

 松並陶苑さん と 穴窯 の場所は  こちら です。

【那珂良しラジオ】第4回 新そば紅葉祭り

2011 年 11 月 15 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

那珂川町の名産香り高い「八溝そば」と
紅葉を楽しみながら
「第4回 新蕎麦紅葉まつり」を
めいっぱい満喫してきました♪

那珂川町の「なごみの里公園」で開催された
「第4回 新そば紅葉まつり」当日11月13日(日)の
朝の天気は「霧」しかも「濃霧」・・。

しかし、会場に到着すると青空が広がり始めました♪

那珂川町に向かう途中も既に見事な紅葉が広がっていましたが
会場となったなごみの里公園の真向いの山々もここ数日の
急激な寒暖の差で一気に紅葉が深まっていました。

会場には沢山の方が訪れ新そばコーナーは大賑わい♪
もちろんShinlyも♪

やはり八溝の新蕎麦にはもっちりとしたコシがあって
味わうごとに口の中を満たす薫り・・

薬味も入れずに味わいたいのが新蕎麦です!!
「なんといっても「挽きたて打ちたて茹でたて」に
こだわっていますから♪」とみなさんこの日は
早朝5時過ぎから準備をされたそうです!

そして地元のかた手作りの「豚汁」

「芋好き~?」
「はい!」
「ほんじゃ~」

と里芋たっぷりの豚汁を頂きました(笑)
沢山のお野菜と豚肉が生み出したなんと美味しい出汁でしょう!
大きな鍋で大量に作られた豚汁は心の中までホッカホカにしてくれました♪

<

毎年6月に行っている「ポピーまつり」で有名な「なごみの里公園」は
すっかり秋も深まり静かに冬を迎える季節になっていきます。

先日地元のボランティアの方たちみんなんでポピーの種を撒いたそうです♪

来年5月末から6月上旬ころにはまたポピーの鮮やかな絨毯が
私たちを迎えてくれることでしょう♪

普段は何もない広場「なごみの里公園」・・
でも「何もない」という贅沢がここにはあります。
そこに集う地元内外の人ひとりひとりの楽しそうな笑顔が
印象的な「第4回 新蕎麦紅葉まつり」でした。

今回新蕎麦祭に足を運ばれた方も残念ながら行けなかった方も
また来年!今度はポピーまつりでお会いしましょう♪

私たちBerryのクルーを温かく迎えてくださった皆さん♪
ありがとうございました!

そして自然の中で味わう八溝蕎麦は格別でした!ご馳走様でした♪

新蕎麦・焼きそば・焼き鳥・鮎の塩焼き・おばぁちゃんの山菜おこわ♪
Shinlyはもうお腹いっぱいですぅ~(笑)

那珂良しラジオのHPはこちらから♪
www.berry.co.jp/nakagawa/index.php

「味処ゆづかみ 収穫祭2011」を開催

2011 年 11 月 15 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

栃木県なかがわ水遊園内「味処ゆづかみ」で、毎年恒例新そば収穫祭を開催!

秋の味覚をぜひご堪能下さい!詳しくはなかがわ水遊園HPへ!→http://www.aqua.pref.tochigi.jp/topics/detail.php?id=573
 
◆開催日 11/27
◆開催時間 10:00~14:00
◆開催場所 芝生広場大テント
◆内容 
   ・十割そば打ち実演
   ・新そば、そばがき試食
   ・新そば食べくらべ 500円 100食限定販売
   (栃木県産と北海道産・長野県産のそば粉を使った手打ちそばの3点盛り)
 

新そばの季節です!

新そばの季節です!

【那珂良しラジオ】はじめまして!RADIOBERRYです!

2011 年 11 月 14 日 月曜日 ★posted by『batoinfo』★

はじめまして。
76.4MHz RADIOBERRYの「那珂良しラジオ」です。

10月からスタートした新番組、那珂川町プレゼンツ「那珂良しラジオ」では那珂川町の良いところをたくさん発信しています!

放送は毎週木曜日 お昼12時から生放送でお届けしています!ぜひ聴いてください♪

番組ホームページでは放送内容をブログでもご紹介しています♪
www.berry.co.jp

メッセージも24時間受付中です!
RADIOBERRY「那珂良しラジオ」HPにあるメッセージフォームからお願いします。

たくさんのメッセージをお待ちしています♪

これからこのサイトでも那珂川町の情報をご紹介していきますのでお楽しみに♪

那珂川町プラットフォーム事業 参画団体募集

2011 年 11 月 10 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

以下、那珂川町webサイトからの転載です。

***************************

那珂川町プラットフォーム事業 ~参画団体を募集します~

町では、NPO・ボランティア団体・地域づくり団体・企業など、様々な人たちと行政とが協働して地域の課題解決に取り組むため、「那珂川町プラットフォーム事業」を実施します。つきましては、この会議体に参画していただける団体等を募集します。

ぜひ、みなさんの持つノウハウを、まちづくりに活かしてみませんか?

■プラットフォームとは…
多様な担い手(NPO、ボランティア団体、企業等)が協働して、自らの地域課題の解決に向けて協議する会議体のことです。

■事業の流れ
平成23年度  プラットフォームを設置し、みなさんと課題解決に向けて協議します。
平成24年度  協議の中で出てきた協働事業を実施します。

■協議テーマ
交流人口の増加

■募集団体
NPO、ボランティア団体、地域づくり団体、企業等

■募集期間
平成23年11月18日(金)

■応募方法
応募用紙に記入のうえ、ファクシミリまたはメールにて、下記まで御応募ください。

※応募用紙は企画財政課(役場本庁舎2階)に備え付けてあります。応募用紙をダウンロードする際は、こちらをクリックしてください。

■応募先・問い合わせ先
企画財政課 企画調整係
Tel.0287-92-1114 Fax.0287-92-1316
E-mail:kikaku@town.tochigi-nakagawa.lg.jp

***************************