‘田舎暮らし’ カテゴリーのアーカイブ

東京駅発 日帰りバスツアーのご案内(12月19日)

2015 年 11 月 27 日 金曜日 ★posted by『hirocraft』★

福島(F)・茨城(I)・栃木(T)の隣接3県の発展を目指して活動している「FIT」が、今回は、首都圏と那珂川町との交流や二地域居住や若者の移住促進を目指して、東京からの日帰りツアーを企画しています。

実施団体は、最近人気の大谷石の地底湖探検ツアーを実施したり栃木の地域資源を発掘している「えにしトラベル」。
今回のツアーでも通常の観光旅行では味わえない那珂川町のスポットを巡り、味わい体験してそこに暮らす人と交流して「田舎暮らし」を感じられる企画となっています。
omote ura
———————————————————————–
来て、知って、体験して「田舎暮らし」を感じてほしい。ぴったりを知る旅
12月19日(土) FIT TRIP in栃木県矢板市・那珂川町 
 ←←クリック!
———————————————————————–
◆旅行代金
 大人・小人 同額4,000円 
 東京・宇都宮発は同額となります。
 お席利用の幼児様は小人扱いとなります。ご参加の場合はご相談ください。
 ※東京からの交通費、昼食代、各コースの体験料や美術館入館料等全て含まれます。

◆日程  2015年12月19日(土) ※全行程バスでの移動です
7:00 JR東京駅 丸の内ビル前 出発
 ↓
9:10 道の駅うつのみや ろまんちっく村
 ↓
 ↓
10:00 加藤農園 農業の冬のお話し 買い物・試食
 ↓
11:30 まほろばの湯 那珂川からの美しい眺め
    農産物直売所・滞在型ふるさとロッジ等見学
 ↓
12:20 「日本で最も美しい村」小砂地区で昼食。
     藤田製陶所にて「小砂焼」を見学。
 ↓
14:00 選択コースを巡る
    A アートを知る もうひとつの美術館で木製バターナイフを作ろう
    B 暮らしを知る 「那珂川町のていねいなくらし」
      小砂焼お皿・スプーンを作り、湧水・地元の農産直売所でお買物
    C 文化を知る  広重美術館・まちなか散策・食文化を知る
 ↓      
16:40 道の駅 ばとう 集合
17:00 サンタクロースの森 サンタヒルズ 
     クリスマスイルミネーション
 ↓
18:50 道の駅 うつのみや ろまんちっく村
 ↓    (希望者)19:30頃JR宇都宮駅 送迎
21:00頃 JR東京駅 丸の内口 到着

※集合解散場所は、東京駅、宇都宮駅、ろまんちっく村の3箇所から選択できます。

申し込みはこちらへ → えにしトラベル

———————————————————————–

定員20名、先着順ですので、どうぞお早めにお申し込みください。

※FIT構想推進協議会:
首都東京に近接し、新しい時代にふさわしい、人々をひきつけてやまない地域づくりに向けたポテンシャルを豊富に有する福島(F)・茨城(I)・栃木(T)の3県の県際地域(那須岳・八溝山を中心とする地域)が、これまで培ってきた交流・連携をもとに広域交流圏としてのさらなる発展を目指すものです。

「梅平おばあちゃん図鑑展」開催中

2015 年 5 月 4 日 月曜日 ★posted by『hirocraft』★

那珂川町の梅平地区出身の学生が、学校の課題で梅平地区の魅力を伝えようと、梅平で暮らしているおばあちゃん達にスポットを当て「梅平おばあちゃん図鑑」という本を制作しました。
その本をもとにした展示会を「もうひとつの美術館」で開催しています。
11133870_832106656855821_5545655288417420244_o

-----------------------------
「梅平おばあちゃん図鑑展」(無料)
5/4(月)-5/24(日) 10:00~17:00  「もうひとつの美術館」
-----------------------------

長年の田、畑、森での仕事や日々の暮らしによって、この里山の風景を形作ってきた人々の生の声は貴重で、日本の田舎の現状も垣間見られます。

展示初日・2日目の5月4・5日は、本人もギャラリーにいる予定ですので、是非どうぞお越し下さい。

「もうひとつの美術館」
http://www.mobmuseum.org/

企画展示「森においでよ。Ⅲ」も併せてご覧ください。

花の風まつり2015

2015 年 4 月 23 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

チラシ一部画像(修正)
4月29日~5月5日は,那珂川町の約60箇所で町民有志によるおもてなしイベントを開催します。

町のあちこちの会場で、
美味しいものでおもてなし、お寺や古民家で音楽会、子どもも楽しめるワークショップ、のどかな里山で芸術展、カフェや民家の縁側でほっと一息、作り手とお話ししながらお買いもの、お帰りの際には温泉につかって・・・。
2007_0503_143428 たけのこご飯に舌鼓
中心的会場や組織はなく、各々がおもてなし内容を考え、チラシ作りや、チラシ配り、目印の旗作りや、旗立て、ネットやメディア等への広報活動などできる範囲で協力し合い作り上げているこの『花の風まつり』も、今年で13回目を迎えました。
緑の中でコンサート asobiba-1
そんな、手作りのおもてなしや、この土地特有の懐かしい風景や人柄に惹かれるためか、遠方から楽しみに来て下さるリピーターの方々も年々増えています。
2012-04-29_11-17-58 DSC_2519
町のあちこちの会場を訪れ、新緑の里山を楽しみながら、そこに暮らす人と「話しの花」を咲かせ温かさを感じ、心の故郷と思っていただけると幸いです。
青空を泳ぐ
1日では周りきれませんから、事前に以下の地図チラシと日程表を良くご覧の上、お時間に余裕をもってお越しください。(以下のチラシを印刷したものは、町観光センターや各イベント会場でお配りしています。)

***********************************
花の風まつり 案内マップ
***********************************
花の風2015おもて2
チラシ表面◆PDFファイル◆

花の風2015うら2
チラシ裏面(マップ)◆PDFファイル◆

2015.4_花の風日程表2
日程表◆PDFファイル◆
***********************************

フライヤーのある会場の情報はこちらへ。

【那珂良しラジオ 手打ちそば 田舎】

2014 年 2 月 28 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

アットホームなお蕎麦屋さん☆

国道293号線から少し小道にそれた場所にある 「手打ちそば 田舎」。 そば打ちが趣味という桑原さんご夫婦が、ご自宅を開放して 6年前から始めたお店です♪
「くつろげる空間で蕎麦を味わってほしい」というご夫婦の 思いはお店全体から感じられ、奥様が手作りした押し花の 数々にも、思わずほっこり・・・。
拡大画像
あまり宣伝をしていないと伺い、地元のお客さんが多いのかと 思いきや、実はそば好きの方が口コミで足を運ぶお店なんです。 まさに那珂川町の隠れた名店!?
しかも、一日20食限定で、メニューは蕎麦一本!!
拡大画像
こだわりのお蕎麦は、地元のそば粉を100%使用。 ツヤがあって、つるんとのど越しが良くて、 このボリュームでもペロッと平らげてしまいました。 かつおダシのきいたお汁が食欲をそそります!
四季折々の野菜と山菜をサクッと揚げた天ぷらには、 ふきのとうの姿もありました☆ 季節を舌で感じられるって良いですね~!!
天もりそばは、700円☆☆☆
拡大画像
ホッとする空間で頂くお蕎麦は、まさに田舎のおふくろの味です♪ 一度来て見て味みやしゃんせ!
拡大画像
手打ちそば 田舎
* アクセス   那珂川町矢又14-1(馬頭高校近く)
* 問い合わせ  0287―92―4431
* 営業時間   11:00~18:00
* 定休日    木曜日(祝日の場合は翌日)
拡大画像

  次のページ

【那珂良しラジオ カフェ&ギャラリー青我人(あがと)】

2014 年 2 月 20 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

ログハウスで自家焙煎コーヒーはいかが♪

国道293号線を走っていると目を引くこの見事な ログハウスは、今年オープン10周年を迎えた 「カフェ&ギャラリー青我人(あがと)」!!
なんと、お店のご主人が、奥様へのプレゼントとして ご自分の手で作ったものなんです。
拡大画像
温もりあふれる店内には、ステキな小物がいっぱい♪ 常連客でもある作家さんの作品を展示販売しています。 トールペイントにビーズのアクセサリー、皮細工に骨董品・・・ お気に入りのものが見つかりそうです♪
拡大画像
そして、青我人は自家焙煎コーヒーも魅力の一つ。 生の豆は水分が違うため、豆の焼き加減もさまざま。 その頃合いを見分けて焙煎するのは難しいそうですが、 お客さんの好みに合わせた一杯を提供するため、日々奮闘して いるそうです!
ちなみに、豆を煎るのはご主人、コーヒーを入れるのは奥様が担当。 共同作業で作りだしたコーヒーは、心が落ち着くいい香り・・・ 口にする前から癒されます☆ さわやかな酸味に深いコク、心のコリもほぐれる味わいでした。
拡大画像
この一杯を囲みながら皆さんのおしゃべりも弾むそうで、 来店を毎日の楽しみにしているお客さんも多いんですって♪
ログハウスが好きな方もコーヒーを愛する方も、色んな方が 気軽に集える「青我人」で、あなたもコーヒーブレイクしませんか?
写真は、お話を伺ったご主人の青柳さんと奥様♪♪♪
拡大画像
カフェ&ギャラリー 青我人
* アクセス   那珂川町三輪753
 (国道293号線 カタクリ山公園入口近く)
* 問い合わせ  0287―96―2971
* 営業時間   10:30~17:30
* 定休日    月・火曜日
拡大画像

小砂里山農業体験『棚田オーナークラブ』参加者募集

2014 年 2 月 17 日 月曜日 ★posted by『hirocraft』★

「お帰りなさい」と言ってくれる第二の故郷になること間違い無し!
※締め切りは2月28日(金)までで、先着順だそうですのでお早めにどうぞ!

以下、那珂川町公式HPより
*********************************************************

平成26年度の棚田オーナークラブ員を募集します。

那珂川町小砂は、NPO法人「日本で最も美しい村」連合に平成25年10月4日、全国で50番目の地域として加盟いたしました。

雑木林の多い里山で、ゲンジボタルがたくさん飛び交う、きれいな水と空気、美しい里山に囲まれた棚田で米作りを行ってみませんか。

地域としては初めての試みですが、1泊2日の日程で農家に民泊し、各種の農業体験を通して地域の人達と触れ合い、もう一つのふるさと(家族)を作ってみませんか。

 

日      程  農業体験内容と交流事業
5月10日(土)~11日(日)  棚田の田植えと交流会
6月21日(土)~22日(日)  棚田の草刈り、どんぐり交流会、ホタルまつり
9月13日(土)~14日(日)  棚田の稲刈りと交流会
11月1日(土)~2日(日)  棚田の収穫感謝祭と陶器まつり
全日程、農家に民泊となります。

日本で最も美しい村ロゴマーク・募集定員 10家族(先着順)・年 会 費  30、000円  棚田維持管理費(肥料等)、傷害保険料、農家民泊、食事代含む。

・オーナーの特典

自分で育てたおいしい棚田米を玄米で30kgお渡しします。

ホタルの観察会やもちつき、陶器まつり等の各種イベント、交流会に参加できます。

農家の“おじちゃん”、“おばちゃん”が、おいしいご飯を用意して待ってます。

 

   ☆申込み期限☆  平成26年2月28日(金) 必 着

・・・詳しくはこちらへ

 

「花の風まつり 2014」 動き始めました!

2014 年 1 月 30 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

チラシ画像(表) チラシ画像(裏)
上のチラシは、昨年のものです。

12回目を迎えました那珂川町で5月のGWに開かれる有志町民による手づくりイベント「花の風まつり」では、参加者やサポーターを募集しています。
「花の風まつり2014 4/29~5/5」 http://hana-kaze.net/

【参加者】    ※町内在住者が対象 
◆新規参加者として自宅等でイベントを企画される方。
 (音楽会、展覧会、写真展、各種体験、手作り品販売、おもてなし・・・)
◆ご自宅の竹林で「タケノコ堀り」イベントを開いて下さるお宅。
◆新鮮なタケノコをご提供いただけるお宅。
◆タケノコ料理を提供してくださるお店や個人。
◆子供駄菓子店や移動駄菓子店を開いて下さる方。
◆民家の庭先等でおもてなし(お茶やお新香)をして下さるお宅。
◆その他「おもてなし」の心で町内外のお客様をお迎えして下さる方。

  ※販売や有料イベントを伴う方は参加費5000円、それ以外の方は参加費無料。
  ※公式期間は4/29~5/5ですが、参加の期間は1日から可能です。、

【サポーター】    ※町内外を問いません。
◆チラシ配置やポスター掲示をして下さるお店や施設、または那珂川町周辺に配布してくださる方。
◆カンパをして下さる企業や個人。
◆事前準備やまつり期間中に各所で手伝って下さる方。
◆案内旗製作の協力。 (4月10日「みんなで旗作り」)
◆案内旗の設置協力。 (4月25~28日)
◆まつりの事前にブログやHP等で宣伝してくださる方。
◆新聞、テレビ、ラジオ等のメディアへ宣伝して下さる方 
◆まつり期間中、各所を回ってブログ等でレポートして下さる方。

お問い合わせは、メール(info@hirocraft.com)か、乾徳寺様(TEL0287-92-2247)へお願いします。
また、参加者の集まる準備会が2月13日(14:00~16:00)に乾徳寺でありますので、新規参加希望の方は事前連絡の上ご出席下さい。

2007_0503_143428 asobiba-1 緑の中でコンサート

たけのこご飯に舌鼓 青空を泳ぐ

2012-04-29_11-17-58 DSC_2519

【那珂良しラジオ 古民家まつり】

2013 年 11 月 11 日 月曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 茅葺屋根の古民家で新そばを! ♪

田園風景の向こうに見える2軒の茅葺屋根の古民家。 高い天井に年季の入った生活道具たちが今も息づくように 自然と置かれています。
ふるさとの森公園にあるこの茅葺屋根の古民家はかつて 烏山と小川地区で実際にあった民家を移築したもの。 ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ
江戸時代の様式を留める民家は向かって右側が「小口家」 今回お邪魔した建物です。 現在は体験学習の場として、また資料館の休憩施設として開放されています。
そして左側が「永森家」 現在は地域の民族資料が展示されています。
拡大画像
間口の広い古民家に入ると土間、そして板の間には囲炉裏。 この囲炉裏には午前中、実際に火も熾され煙がやんわりと 天井に立ち昇っています。
これは雰囲気を醸すのは勿論ですが古民家の天井を 保つために必要なのだそうです。 おかげで天井の太い梁がこの煙でいぶされて黒光りしてつやつや! *・.。*(´∀`)・.。*・.。
拡大画像
土間の一角に3畳くらいのスペースがあり古い農機具などが置かれ 木の棒が横に咬まされています。
実はこれ!物置スペースではなくかつては「馬」が繋がれていた 室内の馬小屋なのだそうです! 馬は生活に欠かせないとても大切な動物だったので外ではなく うちの中で共に生活していたのだそうです。 ∈・^ミ ヒヒィーン
土間の向こうには何十畳もの広い畳敷き。 ごろごろごろごろくるくるくるくると転がったら目が回りそうに広い(笑) ヾ(@∇@*)
拡大画像
広い縁側からの眺めも長閑でいい・・。
今週末、ここふるさとの森公園で「茅葺古民家まつり」が行われます。 古民家の中で那珂川町の昔語りが行われたり敷地内で 那須小川まほろば太鼓が披露されたりと懐かしい 古き良き田舎で過ごす休日はいかがですか? ♪((((*≧∇≦))))♪
当日はお隣にある「そば処 ふるさとの舎(いえ)」の 絶品お蕎麦も新そばを提供♪ それもこの日限定で古民家の中で食べることができます。
那珂川町では通常11月下旬頃から登場する新そばが 茅葺古民家まつりでは一足早く提供されます。 (〃^∇^)o_彡
拡大画像
訪れた人全員が空くじなしの抽選会にも参加でき 豪華賞品をGetするチャンスもあります!
那珂川町の紅葉も段々と彩り深くなってきました。 週末は是非那珂川町に茅葺古民家まつりに足を運んで 深まりゆく秋の1日をお楽しみください♪
♪(゚▽^*)ノ⌒☆。.*.。.:*・☆
「茅葺古民家まつり」
日 時 :11月9日(土)10:00~14:00
アクセス:ふるさとの森公園(茅葺古民家まつり特設会)場那珂川町小川3378-1
問い合わせ:0287-96-3172(那珂川町商工会 小川支所)
(雨天決行・荒天中止)
拡大画像

【那珂良しラジオ 日本で一番美しい村加盟!!】

2013 年 10 月 22 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 自慢のふるさとへ・・ ♪

那珂川町の小砂地区が「日本で一番美しい村連合」に 認定されました。この「日本で一番美しい村連合」とは・・ ━(*゚∀゚* )・・?
フランスの素朴な美しい村を厳選し紹介する「フランスの最も美しい村」運動に 範をとり、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、 最も美しい村としての自立を目指す運動を始めたのがNPO法人 「日本で最も美しい村」連合(日本で一番美しい村連合HPより抜粋)
つまり段々と失われつつある日本の原風景を残してゆこうという思いと 過疎に悩む地域に新たな息吹を・・というもの。 (〃^∇^)o_彡☆
大小広狭を問わずそこに「美しい」風景があること。  その風景や風土を住民が守り続けていること。  脈々と継承される文化・芸能があること。
小砂の地域に広がる美しい風景 脈々と受け継がれている伝統の技 小砂焼きと菊炭
拡大画像
実際日本で最も美しい村には40を超える基準がありますが それらを考慮しても小砂地区はまさに条件にはぴったり!?
昨年6月頃・・
「日本で一番美しい村連合」と言うのがあるから    申請をしてみたら?」ヾ(*・ω・)ノ゜
と勧められ「日本で一番美しい村連合に加盟推進する会」が 発足し1年をかけて整備・準備をしてきた藤田さんたち。 (*^-^)☆.ヾ(゚∇゚*)
今年5月に行われた花の風まつりの際に小砂で開催された 「小砂トリエンナーレ」(3年一度の美術館) この時作られた森の中の彫刻は現在も「里山小砂芸術の森」 と名付けられ訪れる人の心を揺さぶり続けています。
この森も非常に高い評価を受けました。
拡大画像
日本で一番美しい村連合に加盟しているのは北海道の青い池で 知られている美瑛(びえい)町や合掌造りで有名な白川郷のある 岐阜県の白川村など・・今回認定された5か所を含め54の地域が 認定されています。
ちなみに栃木県内の自治体・地域では初めてで、関東地方でも 4番目、全国ではちょうど50番目の加盟となった小砂地区。
先日10月4日に島根県海士町で行われた「日本で一番美しい村連合」の 総会で承認されシンボルマークのディクルパネルなどが授与されました。 これがその「日本で一番美しい村」のロゴマーク (〃^∇^)o_彡☆
拡大画像
茅葺屋根をかたどった中に穏やかな青空に棚田や小川が描かれています。 この絵はほんわかする優しいイメージです。
これからこのロゴマークがどのように活かされるのか・・。
現在小砂地区の米作農家7人の有志により「小砂 ホタル米」の 販売が開始されました。これを「小砂ブランド」のひとつに してゆけたら・・という試みですが、例えばこの「ホタル米」の パッケージにロゴマークを付けて「日本で最も美しい村で作られたお米」 として販売することも可能になるということです。
いかに素敵な所で生産されたものなのか・・という証になるのです。 っ(*´∀)っ.:*0*.。
今回の認定を手放しでは喜んでいないという藤田さん。 1度認定されたら永久に・・というものではないのだそうです。
5年後に再審が行われるのでこの景観や文化・伝統を地区・町をあげて 守り続けて行かなければ認定は取り消されてしまいます。 ∑q|゚Д゚|pワオォ
課題も多いけど、それでも自分たちの故郷を大切に後世に残し続けたい・・ 小砂地区の住人だけでなく那珂川町の住人・・また那珂川町出身の人も・・ 育ちゆく子どもたちにとっても・・自慢の田舎だと思ってもらえたら・・ そんなみんなへのプレゼントになったかな・・とはにかむ藤田さん。 ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
拡大画像
「日本で最も美しい村連合」のパンフレットには50番目の 認定の地「小砂」の「松並陶苑さんの穴窯」の写真が掲載されています。 パンフレットを見ていると選りすぐりの景勝地・名所ばかり! 写真を撮りたくなるような絶景が並んでいます。 こうして那珂川町の小砂地区が全国に知られる・・ なんて素敵なんでしょう! ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ。.:*☆
これから「日本で最も美しい村連合」のひとつとして写真集に 載る日もきます!この「日本で最も美しい村」のパンフレットを持って 観光客も訪れるようになるでしょう・・ Σp[【◎】]ω・´)
小砂地区だけでなく那珂川町全体の励み・活性化に繋がるように・・ 藤田さんたちのふるさとへの想いが伝わってきました。
認定前に視察に訪れた群馬県の認定地を見てまるで北海道みたいだ・・ それに比べたら小砂なんて・・こりゃ認定は無理だな・・。 il||li(つд-。)il||li
とみんなで意気消沈して肩を落としていた帰りのバスの中・・ それでもへこたれず「規模じゃない・・美しさだ」という言葉に 励まされ認定を受けた瞬間の喜びはひとしおだったでしょうね・・
本当にご苦労が報われおめでとうございます!
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
「日本で一番美しい村連合」
お問い合わせ:那珂川町観光協会(0287-92-5757)
「日本で最も美しい村」についてはHPをご覧ください。
拡大画像

【那珂良しラジオ 安全・安心キャンペーン】

2013 年 10 月 4 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 安全安心那珂川町の農産物を食卓へ ♪

那珂川町には次の8か所の農産物直売所があります!
久那瀬農産物直売所・富山野菜直売所・道の駅ばとう農産物直売所・  小川ゆうゆう農産物直売所・矢又農産物直売所・小川南農産物直売所  大山田農産物直売所「耕民館」・西部農産物直売所 ━(*゚∀゚* )━
これら那珂川町の直売所では全ての農産物を検査し 基準をクリアしたものだけを店頭に並べています。
那珂川町の生産者は消費者に安心と安全を提供することを 常に心がけているのです!
こういった取り組みを広く皆さんに知って頂いて 安心して那珂川町の農産物を手にしていただこう! (*^-^)☆.。.:*・ それが昨年に引き続き2回目となる    「農産物直売所 安全安心キャンペーン」!!
拡大画像
10月6日からの1週間は各直売所で買い物をされた方先着50名様に アンケートをお願いし記入して下さった方に那珂川町の美味しい コシヒカリの新米2合を差し上げます。 っ(*´∀)っφ
昨年はお昼ちょっと前に買い物に行ったら既にアンケートの 先着50名には入れず・・(笑)( ̄▼ ̄|||)
直売所は朝早くから開店しているので午前中 しかもなるべく早い時間がオススメです!!
アンケートは主に食と放射能への意識調査です。
皆さんの声を農産物直売所での今後の販売に活かすためご協力をお願いします!
そして10月6日~12月10日までは「スタンプラリー」も実施します。
それぞれの直売所で買い物をすると台紙にスタンプを押してくれます。
8か所すべての直売所を回ってスタンプを集めて応募すると 那珂川町の美味しいコシヒカリの新米なんと!抽選で5名様に30㎏! または抽選で30名様に那珂川町の農産物直売所で利用できる 3000円分の商品券が当たるチャンスがあります!!! (〃^∇^)o_彡☆
こちらは先着ではないのでじっくり集めて下さい♪
拡大画像
同じ那珂川町でも地域によって店頭に並ぶものに特色があります! キノコなど山のものが多く並ぶ店舗や惣菜などが充実している店舗 また果物が多く並ぶ店舗など・・
またその日その時にちょっと変わった野菜が並んでいたり・・ ヾ(゚∇゚*)
農産物の直売所ってちょこちょこ立ち寄ってみるのが楽しいんです♪
ちなみに今の久那瀬農産物直売所ではいろいろな種類の カボチャや那珂川町の特産品「マコモダケ」などが旬だそうです! ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
拡大画像
このキャンペーンの開会式を10月6日(日)11:00から 久那瀬農産物直売所の駐車スペースで行います。
当日は那珂川町の特産品「八溝ししまる」を使った猪鍋汁の 配布を行います♪ (*゚∀゚)っ
那珂川町の大人気ゆるきゃら「なかちゃん」も登場しますので 是非お立ち寄りください! ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
安全安心キャンペーン
開会式:2013年10月 6日(日) 11時
会 場:久那瀬農産物直売所
10/6~10/12:各農産物直売所で買い物をされた方先着50名に
アンケートを実施 ※ 回答者にコシヒカリ新米2合プレゼント
10/6~12/10:スタンプラリーの実施8か所全ての農産物直売所で
買い物をしてスタンプを集めて応募 ※ 抽選で5名様に30㎏。
または抽選で30名様に那珂川町の農産物直売所で利用できる3000円分の商品券
拡大画像
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
那珂川町の農産物直売所 情報
富山野菜直売所(12~5月 7:30~17:00 6月~11月 7:00~17:00)
        那珂川町富山190 0287-92-4207
道の駅ばとう農産物直売所(8:00~18:00)
        那珂川町北向田183-1 0287-92-5711
矢又農産物直売所(12~5月 8:00~17:00 6月~11月 7:00~18:00)
          那珂川町矢又644 0287-92-1073
大山田農産物直売所「耕民館」(12~5月 8:00~16:30 6月~11月 8:30~17:00)     那珂川町大山田下郷2764-1 0287-93-0413
久那瀬農産物直売所(7:30~17:30) 那珂川町久那瀬485 0287-92-5061
西部農産物直売所(8:30~17:30) 那珂川町小口1463-3 0287-92-5767
小川南農産物直売所(9:00~15:00) 那珂川町谷田376-3 0287-96-3740
小川ゆうゆう農産物直売所(9:00~17:00) 那珂川町小川1065 0287-96-4811

【那珂良しラジオ】 上河原サンデー会

2013 年 8 月 15 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

 ♪ お父さんの日曜日 ♪

那珂川町小川の上河原地区で昭和59年に発足された「上河原サンデー会」では 「協働の町づくり」事業を行っています。
「協力して働く」と書いて「協働のまちづくり」・・
これは自治体がそれぞれの資源や特性を持ちより互いに不足した部分を 補いながら対等な立場で協力して地域の将来を考え地域の課題に行政と 共に取り組むというもので・・上河原サンデー会では当初 那珂川のごみ回収を行ったり、そば打ち体験をして 孫が敬老会で接待するという機会を設けたり・・
その後JAなす南農協で農産物加工場が出来たのをきっかけに 12月にはそば打ち・3月には味噌作りなどを「協働のまちづくり」事業 として活動を続けて来ました。 \(^∀^)メ(^∀^)ノ
拡大画像
今年3月にShinlyもチャレンジした「味噌作り体験」
那珂川町の大豆とお米を使って麹菌を作るところから 作る本格的な作業です。
お米についたふかふかの綿のような麹菌を大豆と混ぜて作るお味噌。
3月には汗びっしょりになりながらまぜまぜして作りこんだお味噌は 実は「涼しい所」で「発酵」させ無ければならないのです!
しかーし!我家では真夏に涼しいところがないので(笑) サンデー会の方のお宅にある「味噌蔵」で夏を越させて頂いているのです!
まだ発酵途中のShinlyのお味噌とご対~面~!! (ノ*~∇)ノわぁい
Berryのステッカーが貼ってある「私の味噌」(笑) ━━ヽ(。´▽`。)ノ━━
拡大画像
Oh!!!!! 大豆と麹を合わせた時は生の大豆と塩の香りだったものが お味噌の香りになっているではありませんか!
うっすらと汗をかいたような味噌の表面は味噌の香りと言うより 醤油に近い香りのような・・ ( ̄ ^_ ̄*)…クンクン
減塩のお味噌なのでいくらか表面に「カビ」が来ています。 味噌は発酵食品なのでこれは当然でして・・出来上がったら 表面はそぎ取ってしまいます。
こうすることで表面に振り掛けてあった「塩」も取り除けます。
ちなみに味は・・まだちょっと
しょっぱい(笑)
でも麹のつぶつぶには甘みがあって夏を通り過ぎたころ・・秋には 間違いなく美味しいお味噌になると思います!!
拡大画像
美味しいお味噌のカギは「麹」にありと言っても過言ではく! つまりこのお味噌が美味しいか否かは・・Shinlyの混ぜた麹にかかっていたのです! lil!|(lll+д+)っ
ちなみにサンデー会の皆さんが1月に作ったお味噌はすっかり発行が進んで 表面のカビも黒々!味もすっかりまろやかになって麹の甘みもある「味噌」に なっていました!
こうして自分たちで作ったお味噌は全部自宅用で食べるのではなく あまりの美味しさに隣近所や親せき・知人におすそ分けするのだとか・・
わかるわー・・私も誰かに差し上げたいもの(笑) これ!私が作った「美味しい味噌よ!」って(笑) ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
拡大画像
蕎麦や大豆の栽培から味噌やそば打ちまで・・ 興味のある方は是非一緒に体験してみませんか♪ まだ若干参加希望者を受け付けています♪
.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
上河原サンデー会 大豆栽培~味噌つくり体験
会場:上河原公民館付近の休耕田ならびにJAなす南農協で農産物加工場
– 今後の予定 –
  8月18日(日)蕎麦の種まき・大豆畑の草むしり・BBQ
 11月10日(日)大豆&蕎麦の収穫・大豆料理講習会
 12月末 収穫祭・蕎麦打ち体験
 3月中旬 手作り減塩味噌体験
参加費: 5000円(上記参加費全て込み・手作り味噌10㎏)
問合せ: 090-2206-0085(上河原サンデー会 船見和哉さん)
拡大画像

【那珂良しラジオ】ヤヤキタ農園

2013 年 6 月 20 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

那珂川町のやや北側に位置するヤヤキタ農園では
「低炭素野菜」を作っています。

低炭素野菜とは野菜が低炭素なのではなく物資をあまり使わない
ことで環境に優しい野菜の栽培をしているのです。

つまりビニールハウスは最低限の苗を育てるものだけにして
路地栽培だけにすることでビニールハウスの資材を使わない。

化学肥料も使わず鶏糞や米ぬかなどを利用する。

更に運搬も二酸化炭素軽減を考えている業者を利用する。
w(°0°)w

こうすることで季節感のある旬の野菜を食卓に届けられるのだそうです。
(*^∇^)ノ□

車さんは東京の大学を卒業後東京で就職した数年後
体調を崩してしまい薬もなかなか効かない状態になってしまい
そこで食生活の改善を図りました。
_ _(+ω + )—<  

するとあれほど良くならなかった胃痛が収まり体調も良好に!

 人の体は食べるもので出来ているんだ

そう実感した車さんは那珂川町で就農して3年・・

低炭素であるゆえの苦労もひとしおだったそうです。

無農薬ゆえに虫や害虫・動物との戦い!・・いや・・共存?

 食べられちゃったもそれはそれで・・いたちごっこですけど(笑)

ヤヤキタ農園では常に20種類ほどの野菜を育てています。
農園では収穫の終わったキャベツ畑に沢山の蝶々♪
キュウリの半分がハクビシンに食べられちゃっていたり(笑)
ヾ(o ̄□ ̄o; ド…ドンマイ

でも動物はヤヤキタ農園の野菜の安全性と美味しさの証でもあります。

 あんまりいっぱい食べちゃわないでねって言うんですよ(笑)

除虫剤も使わないで自然の知恵で虫よけを試みているということで
キュウリの隣にはネギが・・これで虫があまり着かない・・(らしい)

実際もぎ立てのキュウリったら!!
スーパーで売っているように艶々ではなく深い穏やかな緑色で
切り口からは水分が溢れてきます。

キュウリ独特のあのちっちゃなトゲトゲもそれはそれは見事!

ぽりっとかじると瑞々しく・・青臭さはなく
キュウリってこんなに甘かったっけ?と言う程・・

ナスももぎ立てをぽりぽり・・
生のナスがこんなにも美味しいとは・・
半分にしてみると中は綺麗なクリーム色でふわふわ♪
普通のナスの他に水ナスも作っているのですがこの水ナス!
どんだけジューシー!もはや調理することすら勿体ない(笑)
ヾ(≧∇≦)ゞ

ヤヤキタ農園ではお味噌も作っていてこれがまた驚き!
2年ものというお味噌は麹の粒が風味をかもしている上に
なんと味噌だけ食べてもしょっぱくない!

もぎ立て野菜にこのお味噌をつけて食べるとそのままお酒のアテにあります(笑)
(*≧∇≦)ノ凵゛

ヤヤキタ農園さんの野菜はHPから定期的な宅配も注文できます。
お試しセット(1500円)もありますのでまずは一度召し上がって
みてはいかがでしょうか♪

ご家族の人数に合わせてご注文下さい♪

夏のギフトに那珂川町の美味しい野菜とお味噌のセットも
喜ばれると思います♪

田舎暮らし『半農生活』コミュニティーのご提案

2013 年 6 月 3 日 月曜日 ★posted by『batoinfo』★

那須烏山市で、半農生活コミュニティが計画されています。
まだ、計画段階ですが、畑や山仕事をしながら田舎暮らしを楽しむ宅地の分譲計画が立ち上がりました。

oika1

今すぐ始められる半農生活コミュニティー(栃木県那須烏山)

コンセプト

近年、子育て世代を中心とした若い世代をはじめ様々な世代の方が
畑仕事や自然共生の暮らしに興味をもたれ
そして実際にそういう生活をしてみたいと
考えられる方が増えてきています。

しかし、実際にそういう生活をしてみたいと考えても
現在は何か別の職業に就いていてその仕事を引退してまで
どっぷり農業に専念するほどではなかったり
また畑のはの字も知らないのに、
そんな生活を実践できるだろうかと
実践に踏み切れない方も多いと考えます。

このコミュニティが目指すのは、
完全に都会を切り離すのではなく
田舎でのんびりと畑でも耕しながら、
都会とは仕事などで接点を持ちつつ暮らす
というハイブリッドな自給自足生活のイメージです。

本格的に農業生活を始める前の第一歩として
「今すぐ始められる」をコンセプトに
実際に住む前から専門家を交えてワークショップを開催し
お互いの親交を深めたり、自分の想いを確認したり
少しずつ寄り添って行く展開を考えております。

また実際暮らし始めてからもまずは畑を第一歩に
更なる自然共生の生活に役立つような環境も
ここ那須烏山には揃っています。

この場所で憧れの自然共生の暮らしを発信していきます。

oika3

oika4

お問い合わせは、半農生活プロジェクトまで。