‘寺社仏閣’ カテゴリーのアーカイブ

花の風まつり2016 チラシ完成!

2016 年 4 月 11 日 月曜日 ★posted by『hirocraft』★

今年の花の風まつりのチラシができあがりました。
那珂川町観光協会で配布しています。
各主催者や町内店舗にも配置されると思います。
地図をよ~くご覧になって、各イベントの開催日を確認しながら、GWのプランをお立て下さい♪
主催者一同お待ちしております!

花の風2016おもて◆PDFファイル◆

花の風2016うら◆PDFファイル◆

日程表◆PDFファイル◆

花の風まつり公式サイト

花の風まつり2015

2015 年 4 月 23 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

チラシ一部画像(修正)
4月29日~5月5日は,那珂川町の約60箇所で町民有志によるおもてなしイベントを開催します。

町のあちこちの会場で、
美味しいものでおもてなし、お寺や古民家で音楽会、子どもも楽しめるワークショップ、のどかな里山で芸術展、カフェや民家の縁側でほっと一息、作り手とお話ししながらお買いもの、お帰りの際には温泉につかって・・・。
2007_0503_143428 たけのこご飯に舌鼓
中心的会場や組織はなく、各々がおもてなし内容を考え、チラシ作りや、チラシ配り、目印の旗作りや、旗立て、ネットやメディア等への広報活動などできる範囲で協力し合い作り上げているこの『花の風まつり』も、今年で13回目を迎えました。
緑の中でコンサート asobiba-1
そんな、手作りのおもてなしや、この土地特有の懐かしい風景や人柄に惹かれるためか、遠方から楽しみに来て下さるリピーターの方々も年々増えています。
2012-04-29_11-17-58 DSC_2519
町のあちこちの会場を訪れ、新緑の里山を楽しみながら、そこに暮らす人と「話しの花」を咲かせ温かさを感じ、心の故郷と思っていただけると幸いです。
青空を泳ぐ
1日では周りきれませんから、事前に以下の地図チラシと日程表を良くご覧の上、お時間に余裕をもってお越しください。(以下のチラシを印刷したものは、町観光センターや各イベント会場でお配りしています。)

***********************************
花の風まつり 案内マップ
***********************************
花の風2015おもて2
チラシ表面◆PDFファイル◆

花の風2015うら2
チラシ裏面(マップ)◆PDFファイル◆

2015.4_花の風日程表2
日程表◆PDFファイル◆
***********************************

フライヤーのある会場の情報はこちらへ。

花の風まつり2014

2014 年 4 月 20 日 日曜日 ★posted by『hirocraft』★

花の風まつり2014

4月29日~5月5日は那珂川町の約60箇所で町民有志によるおもてなしイベントを開催します。

中心的イベント会場や実行委員会的な組織はなく、町からの補助金や企業からの協賛金等にも頼らずに、各主催者がチラシ印刷の為の負担金5000円を持ち寄り、各々がおもてなし内容を考え、チラシ作りや、チラシ配り、目印の旗作りや、旗立て、ネットやメディア等への広報活動など、できる範囲で協力し合い作り上げているこの『花の風まつり』も、今年で12回目を迎えました。

そんな、手作りのおもてなしや、この土地特有の懐かしい風景や人柄に惹かれるためか、遠方から楽しみに来て下さるリピーターの方々も年々増えています。

町のあちこちの会場を訪れ、新緑の里山を楽しみながら、そこに暮らす人と「話しの花」を咲かせ温かさを感じていただけると幸いです。

1日では周りきれませんから、事前に以下の地図チラシと日程表を良くご覧の上、お時間に余裕をもってお越しください。(以下のチラシを印刷したものは、町観光センターや各イベント会場でお配りしています。)

10248893_582493661846862_1883461075_n
チラシ_表(PDFファイル)

10252896_582493715180190_1547922504_o

チラシ_裏(PDFファイル)

10252840_582493718513523_1297340504_o

日程表(PDFファイル)

※上のチラシを印刷したものは観光協会や各施設等で配布しています。

花の風まつり公式サイトはこちら

2007_0503_143428asobiba-1

緑の中でコンサート  

 青空を泳ぐ  

20100503wati61
2012-04-29_11-17-58

 DSC_2519

【那珂良しラジオ 総徳寺】

2014 年 2 月 14 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

洞窟の中に観音様!?

「お寺の洞窟の中に仏様がいるらしい・・・」 リスナーさんからの情報をもとに、探検に行って参りました♪
目的地は、那珂川町大山田下郷にある開創約780年のお寺 「総徳寺」。
拡大画像
本堂に向かって参道を歩いていくと、右手にそびえる岩山には・・・ ん? アルミサッシの窓!?
恐る恐る入ってみると、大人がかがんでやっと通れるくらいの 穴が続いていて、中には、可愛らしい仏様が祀られていました!
しかも、1体ではなく、大人の親指くらいの小さいものから 30cm位のものまで、姿かたちもさまざま。
拡大画像
誰が何のためにこの洞窟を掘ったのか・・・? 詳しいお話を住職の武士尚仁(たけししょうじん)さんに伺いました!
慈母洞窟と名付けられたこの洞窟は、総徳寺の先々代の住職が  弘法大師の1150年御遠忌(法事)の際、何か出来ることはないかと思案。 境内にある岩山を掘り、そこに総徳寺の観音様、子安(こやす)観音を祀った のだそう。
当時77歳の住職は、なんと7年もかけて一人でこの洞窟を完成させたという から驚きです!!
祀られている子安観音は、子宝に恵まれること、また、子供が健やかに育つよう 願う仏様。本堂に安置されたものの写しになるそうです。 右手に蓮の花、左手に赤ちゃんを抱いたお姿でやさしい表情をされています・・・。
拡大画像
訪れた方が手を合わせる場所ではありますが、体をかがめて洞窟を進む気持ちは ワクワクでいっぱい♪♪♪ 探検隊になったみたいで、素直に楽しかったですよ♪ 近所の子供たちの格好の遊び場なんだとか(笑) たしかにアスレチックのよう・・・♪
総徳寺は、那須郡にある33カ寺を巡る「那須三十三観音霊場巡り」の 31カ所目。33カ所のうち、子にまつわる観音様はここだけで、 もともと観音巡りの方が多いそうですが、この洞窟は一言声を掛ければ、 どなたでも入ることが出来ます。 ちなみに、洞窟の中は電気がついて、手すりもあるので安心ですよ。
那珂川町の人も意外と知らないまさに“穴場”!! ぜひ、あなたも探検してみませんか?
拡大画像
~宝珠山曻覺院 総徳寺 (ほうしゅざんしょうかくいん そうとくじ)~
* アクセス    那珂川町大山田下郷1724
* 問い合わせ  0287-93-0019
拡大画像

「花の風まつり2014」新規参加者、サポーター募集中!

2014 年 2 月 13 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

2014-02-13_14-34-26 2014-02-13_22-24-40
今日は「花の風まつり」に参加する方々が集まり、今年のまつりについて話し合う準備会が乾徳寺で行われました。
新しくご参加の方も交えて、まつりまでの日程、チラシの内容、旗作りや旗立ての準備、申し込み方法、今年の課題などについて、2時間ほど熱い話し合いが行われました。
このおまつり、実行委員会等の階層組織が無く各参加者がフラットな関係で進められていますので、参加者皆さんの自発的な関わりによって「まつり」が作られていきます。
今日の話し合いで、今年の「まつり」は無事に船出したようです。
お客様として訪れて良し、参加者としてお客様をおもてなしして良し、サポーターとしてまつりを支えても良し・・・、それぞれの立場で楽しめるおまつりになっていますので、リピーターの方も初めての方も、今年の「花風」をどうぞお楽しみください。

チラシ画像(表) チラシ画像(裏)
上のチラシは、昨年のものです。
******************************************************
12回目を迎えました那珂川町で5月のGWに開かれる有志町民による手づくりイベント「花の風まつり」では、参加者やまつりを支えるサポーターを募集しています。
「花の風まつり2014 4/29~5/5」 http://hana-kaze.net/

【参加者】    ※町内在住者が対象
◆新規参加者として自宅等でイベントを企画される方。
(音楽会、展覧会、写真展、各種体験、手作り品販売、おもてなし・・・)
◆ご自宅の竹林で「タケノコ堀り」イベントを開いて下さるお宅。
◆新鮮なタケノコをご提供いただけるお宅。
◆タケノコ料理を提供してくださるお店や個人。
◆子供駄菓子店や移動駄菓子店を開いて下さる方。
◆民家の庭先等でおもてなし(お茶やお新香)をして下さるお宅。
◆その他「おもてなし」の心で町内外のお客様をお迎えして下さる方。

※販売や有料イベントを伴う方は参加費5000円、それ以外の方は参加費無料。
※公式期間は4/29~5/5ですが、参加の期間は1日から可能です。、

【サポーター】    ※町内外を問いません。
◆チラシ配置やポスター掲示をして下さるお店や施設、または那珂川町周辺に配布してくださる方。
◆カンパをして下さる企業や個人。
◆事前準備やまつり期間中に各所で手伝って下さる方。
◆案内旗製作の協力。
「みんなで旗作り」 4月10日(木)10~16時 開発センター
(短時間でも大歓迎。昼食付!)
◆案内旗の設置協力。
「みんなで旗立て」 4月20日(日)10時~ 乾徳寺(昼食付)
(短時間でも大歓迎。昼食付!)

◆まつりの事前にブログやHP等で宣伝してくださる方。
◆新聞、テレビ、ラジオ等のメディアへ宣伝して下さる方
◆まつり期間中、各所を回ってブログ等でレポートして下さる方。

お問い合わせは、メール(info@hirocraft.com)か、乾徳寺様(TEL0287-92-2247)へお願いします。
参加申し込みは、2月28日が締め切りです。
ご参加予定の方はお忘れなく!

2007_0503_143428 asobiba-1 緑の中でコンサート

たけのこご飯に舌鼓 青空を泳ぐ

2012-04-29_11-17-58 DSC_2519

【那珂良しラジオ 白久山 長泉寺】

2014 年 1 月 30 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 福はうち 福はうち♪

那珂川町白久の白久山 長泉寺で毎年行われている 節分追儺式
節分追儺式とは平安時代以来のの日本の風習である「鬼やらい」つまり 節分の豆まきの前身である鬼や厄を払う儀式のことです。
2月2日(日)午後3時 長泉寺の本堂では厄除けや家内安全など 様々な心願成就を願い祈祷法要が行われます。 (*μ_μ*)
拡大画像
白久山 長泉寺(はっきゅうさん ちょうせんじ)は開山は522年前という 歴史ある古刹で本堂に向かって左側に真っ赤な三重塔、右側に鐘楼が シンボルとなっています♪ (*・∀-)☆
拡大画像
祈祷法要は午後3時から行われ、近隣の小川南小学校の6年生が 昔の「十三参り」の風習として招かれ一緒に法要に参加します。 4月以降は統廃合が行われるので南小学校の生徒が参加するのは 今回が最後となります。
静かに厳かに行われる法要。 節分と言う気持ちが新たに引き締まる思いを実感した後は 一転して賑やかな「がらまき」が行われます。 *・.。*(〃´∀`)//。゜゜・.:\(^∀^*)ヽ□♪
年女、年男をはじめ祈祷法要を受けた方たちが 三重塔と鐘楼の2か所に分かれて「福」を撒きます。
がらまきは毎年数百人の方が集まりますが敷地が広いので 沢山福を頂けると(笑)みなさん大き目の買い物袋を持参して来ます。 ♪d(´▽`)b♪
これは昨年のがらまきの様子です
拡大画像
ここ2年毎年がらまきをさせて頂いていますが・・ 私は拾う方より撒く方が好きみたい(笑)
楽しい(笑)ヾ(≧∇≦)ゞ
今年も勿論参加します! 一昨年は三重塔から・・去年は鐘楼から・・ さて今年はどちらから撒こうかな♪
ぜひ私から「福」受け取って下さい(笑) よしっ!! 今年はこっちから撒きます!! ☆□┐(*^▽゚)/゜°。゜。°*\(゚▽゚*)/ノノ(゚▽゚*。.:*・
拡大画像
♪(゚▽^*)ノ⌒☆ ・:*:・゚`.。.:*・
白久山 長泉寺の「がらまき」
アクセス:那珂川町白久777(国道294号線沿い)
祈祷法要:15:00~
祈 祷 料 :3000円
申込締切:2月1日(土)
申込み・お問合せ:0287-96-2427
拡大画像

「花の風まつり 2014」 動き始めました!

2014 年 1 月 30 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

チラシ画像(表) チラシ画像(裏)
上のチラシは、昨年のものです。

12回目を迎えました那珂川町で5月のGWに開かれる有志町民による手づくりイベント「花の風まつり」では、参加者やサポーターを募集しています。
「花の風まつり2014 4/29~5/5」 http://hana-kaze.net/

【参加者】    ※町内在住者が対象 
◆新規参加者として自宅等でイベントを企画される方。
 (音楽会、展覧会、写真展、各種体験、手作り品販売、おもてなし・・・)
◆ご自宅の竹林で「タケノコ堀り」イベントを開いて下さるお宅。
◆新鮮なタケノコをご提供いただけるお宅。
◆タケノコ料理を提供してくださるお店や個人。
◆子供駄菓子店や移動駄菓子店を開いて下さる方。
◆民家の庭先等でおもてなし(お茶やお新香)をして下さるお宅。
◆その他「おもてなし」の心で町内外のお客様をお迎えして下さる方。

  ※販売や有料イベントを伴う方は参加費5000円、それ以外の方は参加費無料。
  ※公式期間は4/29~5/5ですが、参加の期間は1日から可能です。、

【サポーター】    ※町内外を問いません。
◆チラシ配置やポスター掲示をして下さるお店や施設、または那珂川町周辺に配布してくださる方。
◆カンパをして下さる企業や個人。
◆事前準備やまつり期間中に各所で手伝って下さる方。
◆案内旗製作の協力。 (4月10日「みんなで旗作り」)
◆案内旗の設置協力。 (4月25~28日)
◆まつりの事前にブログやHP等で宣伝してくださる方。
◆新聞、テレビ、ラジオ等のメディアへ宣伝して下さる方 
◆まつり期間中、各所を回ってブログ等でレポートして下さる方。

お問い合わせは、メール(info@hirocraft.com)か、乾徳寺様(TEL0287-92-2247)へお願いします。
また、参加者の集まる準備会が2月13日(14:00~16:00)に乾徳寺でありますので、新規参加希望の方は事前連絡の上ご出席下さい。

2007_0503_143428 asobiba-1 緑の中でコンサート

たけのこご飯に舌鼓 青空を泳ぐ

2012-04-29_11-17-58 DSC_2519

【那珂良しラジオ 鷲子山上神社】

2014 年 1 月 6 日 月曜日 ★posted by『batoinfo』★

初詣はこのパワースポットで!

明けまして、おめでとうございます!!
新年一回目は、2014年が素晴らしい一年になるように お祈りしたい!と、那珂川町矢又にあります鷲子山上神社 (とりのこさんしょうじんじゃ)で初詣をして来ました。
拡大画像
栃木と茨城の県境に位置し、鷲子山の山頂にあるこちらの神社は、 フクロウが幸せを招く鳥の神様、神様のお使いとされていて、 別名フクロウ神社と呼ばれています。
境内には、様々なフクロウのモニュメント♪さらに、 なんと、日本一大きなフクロウの像もあるんです!
金色に輝くフクロウ像は高さ7メートル!迫力十分ですが、 アニメのキャラクターになりそうなほど可愛らしい~♪ 思わず胸がキュンとしちゃいます。
拡大画像
このフクロウ像の下にあるのが、不苦労(フクロウ)御柱。 この柱を叩くと、苦労や悩みを大フクロウが運び去り、 金運招福・開運幸福を大フクロウが運んで来てくれるそうなんです。
私も幸せの願いを込めて・・・ トン! トン! トン!
拡大画像
どんなに幸せの願いが強くても、笑顔で叩く! これがポイントですよ♪
そして、柱を抱きしめながらお祈りをします。
拡大画像
フクロウ御柱は、今までにたくさんの方が願いを込めたのでしょう。 木でできた御柱の皮は剥がれて、くびれていました!
禰宜の長倉澄子さんのお話では、 実際に、高額の宝くじが当たった!とか、商売が繁盛した!など お金にまつわるハッピーな話題が絶えないそう。 まさにパワースポットですね!
ちなみに、大フクロウ像を支える柱はフクロウ御柱を囲むようにして 4本あります。この柱は、青竜・朱雀・白虎・玄武になぞらえて 四つの神、四神の御柱と呼ばれています。それぞれの柱に 両手を押し当て願いを込めると健康運が高まるとされていますので、 合わせてお祈りしてみてはいかがですか?
初詣は、ぜひ、鷲子山上神社へ足を運んで福を呼び込みましょう☆ キュートなフクロウのお守りもおすすめですよ。~ 鷲子山上神社 ~
* アクセス    那珂川町矢又1948

* 問い合わせ  0287-92-2571
拡大画像

【那珂良しラジオ 鷲子山上神社】

2013 年 11 月 14 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

♪ 伝統の「鷲子山上神社夜祭」 ♪

標高470mの山頂にある「鷲子山上神社」(とりのこさんしょうじんじゃ)は 本殿に上がる境内の階段の真ん中に県境があります。
階段の真ん中から左側が栃木県、右側が茨城県。 那珂川町の那珂良しラジオ担当としてはここはやはり 左側の「栃木県」から登ります(笑) ε=ε=(* ̄ー)ノ
拡大画像
鷲子山上神社の創建は807年(大堂2年) 御祭神は、天日鷲命(アメノヒワシノミコト)といわれる鳥の神様です。 大神様の御使い・幸福を呼ぶ神鳥として崇敬されている「フクロウ」の像が 境内のあちこちにあり、特に日本一大きな金色のフクロウのある本宮は 運気上昇・金運上昇のパワースポットとしても人気があります♪ ♪(゚▽^*)ノ⌒☆
拡大画像
そんな鷲子山上神社で今週末11月16日(土)に行われるのが「夜祭」
神社のお祭りと言えば祭囃子にご縁日と賑やかなイメージですが ここ鷲子山上神社の夜祭はちょっと違います!
昼間は賑やかなお祭り風景も午後3時頃には静かになります。 そして火も落ちて暗くなった夕方17時半・・。
白装束の宮司と神官、裃(かみしも)を着けた氏子さんたちが まぁるい提灯を持って本殿・本宮・三本杉神社へと参ります。 ♪⌒ヽ(^^*)
拡大画像
鷲子山上神社は千年杉などの大木に囲まれ夜はとても深く 「暗い」と言うより「黒い」と感じるほど真っ暗・・。
その深い闇の中に提灯のロウソクの明かりがゆらゆら・・。 ..(((( “ ̄▽)_/0
静かに進んでゆく「夜祭」は光源氏の世界を彷彿させるような まさに平安絵巻のようでとても幽玄です。
拡大画像
この写真は去年の夜祭の様子です ・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*
かつて人々が神威を恐れ、神様に祈りを捧げた儀式が当時のままに 粛々と行われます。
神様への祈りの言葉や作法は代々の鷲子山上神社の 宮司のみが知るものなのだそうです。
共に参拝し最後に本殿で団子と黒豆をいただき、帰りに「福たまご」を 頂いて祭りは終了です。 ρ(^0^* )
鷲子山上神社の夜祭は誰でも自由に参列できます。 祭りの後、心が洗われたような清々しさと背筋がシャキッとして とても気持ちのいいお祭りです。 ・:.,;*ヽ(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノ*:;,。・★すっきり♪
なんだかんだと書いてはみましたがこの特別な夜祭の美しさ 神妙さ優美さは来て見て初めて実感できると思います。 夜のライトアップされた紅葉盛りの境内は幽玄さを更に演出してくれています♪
夜はかなり冷え込みがきついので暖か服装でお出かけください。

.:*・☆・゜・*:.(*^▽^*)ゞ。.*.。.:*・☆
「鷲子山上神社夜祭」
日 時 :11月16日(土)17:30頃~ およそ2時間程度
アクセス:鷲子山上神社 那珂川町矢又1948
問い合せ:0287-92-2571

拡大画像

【那珂良しラジオ】馬頭院

2013 年 4 月 15 日 月曜日 ★posted by『batoinfo』★

写経・・・それは、読んで字のごとく“お経を写すこと”

集中力がついたり、心と体が落ち着いたりと色々なメリットも☆
今回、私も初めてその世界に触れてみました!

私が体験したのは、漢字15文字で成る経文をなぞって書くもの。
10分程度で書き上げられる短い内容でした。

久々の筆に苦戦し・・・見慣れない漢字に戸惑い・・・
外から聞こえるうぐいすの鳴き声に気を取られながら(笑)
始めたものの、あっという間に頭の中は空っぽに・・・
一文字一文字をひたすら丁寧に書くことに専念しまいました。
すると、書き上げた後には気持ちのい~い達成感がっ!
これは集中できたからこそ得られる心のさわやかさなのかも・・・☆

通常、馬頭院で開かれる「写経の会」では、紙代や奉納する場合は費用が
若干かかるそうですが、花の風まつりでは無料でできますので、
お子さんと一緒に参加しても楽しいと思いますよ!

アクセス: 国道293号線 田町の信号を広重美術館方面
      馬頭院中学校 入口(黒羽方面)

問い合わせ:0287-92-2603

花の風まつり期間中の写経体験:5月1日(水)~5日(日)
               10:00~16:00
               参加費無料・道具不要

花の風まつり 2013 最新情報!

2013 年 4 月 2 日 火曜日 ★posted by『hirocraft』★

那珂川町の「花の風まつり」まで、後1ヶ月をきりました。
チラシの印刷は終わりましたが、印刷屋さんでの折作業が終われば、各所に配られますのでもう少々お待ち下さい。

先行してチラシのPDFデータを頂きましたので、早くご覧になりたい方は是非クリックしてください。

また、各主催者の方々は、御自分のブログや、FaceBookなどで、宣伝する際に御利用下さい。

チラシ画像(表) チラシ画像(裏)
チラシ表(PDFデータ) チラシ裏(PDFデータ)

 
日程一覧表
■追加情報   
各イベントの日程一覧表はこちら(PDFファイル)

 

 

「花の風まつり」参加御希望の方々への事務連絡

2013 年 3 月 7 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

00-花の風2012うら

◆参加申し込み期限について

先の投稿でお知らせしましたが、今年の参加申し込みの期限は以下の通りですので、お忘れなくお願いします。
(近隣の参加者にもお伝え下さい。)


   ●参加の申し込み  (※町内在住でイベントを企画されている方です)

    参加申込書に参加費を添えて 3月10日  までに
    町観光センターか、乾徳寺へご持参ください。

    申込書が3月10日に届かなかった場合は、
    公式チラシへの掲載が出来なくなりますので、
    申し込み期限は厳守 でお願い致します。

 
 
◆「花の風まつり」のHPへの情報掲載について

公式チラシには、各主催者のイベント内容のスペースは限られており、十分に御紹介できない事もあるかと思います。
オリジナルチラシや詳細内容情報等がありましたら、「花の風まつり」公式HPに掲載しますので、以下まで御連絡下さい。

プロジェクト・ルーデンスの片山さん(TEL0287-92-2115)
   ※公式サイトを管理して頂いています。
 
 
◆「花風レポート」投稿者募集!

公式サイト内の「花風レポート」の投稿者を募集しています。
準備期間も含めて、御自分のイベント内容を紹介してください。
集客にもつながると思います。
また、主催者でなくても、サポーターとして各会場を訪れた際のレポートも大歓迎です。
多くの方々の御協力をお待ちしています。

御協力いただける方は、上記の片山さんまで御連絡お願いします。
 

◆フェイスブックの『花の風まつり』グループ

フェイスブックにも『花の風まつり』のグループ(情報共有ページ・公開)があります。
フェイスブックアカウントをお持ちの方はどうぞご参加下さい。
(参加者に限らず、サポーター、お客さん、どなたでも参加できます。)
 

◆【サポーター】募集   ※町内外を問いません。

その他、できる範囲で一緒に協力していただけるサポーターは随時お待ちしていますのでよろしくお願いします。
花の風まつりへの応援をよろしくお願いします!

 ■チラシ(マップ)をおいて下さるお店や施設、または那珂川町周辺に配布してくださる方。
 ■カンパをして下さる企業や個人。
 ■事前準備やまつり期間中に各所で手伝って下さる方。
 ■まつりの事前にブログやHP等で宣伝してくださる方。
 ■新聞、テレビ、ラジオ等のメディアへ宣伝して下さる方
 ■まつり期間中、各所を回ってブログ等でレポートして下さる方。

 お問い合わせは、メール(info@hirocraft.com)か、乾徳寺様(TEL0287-92-2247)へお願いします。

花の風まつりやっぺ会(準備会)報告 (2月27日)

2013 年 2 月 28 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

2月27日の午前中、町内の乾徳寺さま客殿にて、

今年度の「花の風まつり」やっぺ会(準備会)がありました。
花の風まつりに参加予定の皆様(期間中にイベントを企画されている方々)がたくさん集まって下さいました。

2013-02-27_11-25-56

「花の風まつり」は、今年11回目です。

【 2013年の「花の風まつり」公式開催期間は、

4月29日(月・祝) から 5月6日(月・祝) まで 】

お集まりの皆様が、今までの経験やこれからの抱負などを熱く語ってくださり、
「花の風まつり」の基本的な考え方、向う方向などが、ゆる~く共有されたと思います。2013-02-27_11-10-28

今日出席された皆さんには、まつりのポスターと参加申込書が配布されました。

お店などに順次張られていくと思いますので、どうぞお楽しみに~。

*-*-*-* 以下、事務連絡です *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

●本日参加された方には、ポスターと参加申込書が配布されました。

お手元にない方は、何らかの方法で配布されると思います。
昨年参加された方には地区担当者が直接お届けする場合もありますので、
今しばらくお待ちくださいね。

●参加の申し込み  (※町内在住でイベントを企画されている方です)

参加申込書に参加費を添えて 3月10日 までに
町観光センターか、乾徳寺へご持参ください。

申込書が3月10日に届かなかった場合は、
公式チラシへの掲載が出来なくなりますので、
申し込み期限は厳守 でお願い致します。

●参加費は、販売を伴う方は 5,000円。それ以外の方は無料です。

●【サポーター】募集   ※町内外を問いません。

◆チラシ(マップ)をおいて下さるお店や施設、または那珂川町周辺に配布してくださる方。
◆カンパをして下さる企業や個人。
◆事前準備やまつり期間中に各所で手伝って下さる方。
◆まつりの事前にブログやHP等で宣伝してくださる方。
◆新聞、テレビ、ラジオ等のメディアへ宣伝して下さる方
◆まつり期間中、各所を回ってブログ等でレポートして下さる方。

お問い合わせは、メール(info@hirocraft.com)か、乾徳寺(TEL0287-92-2247)へお願いします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

♪ 今年も 「花の風まつり」のHP が動きますよ。
今年の分は準備中ですが、過去記事もぜひチェックしてみて下さいね。

♪ 「馬頭情報!」でも、随時情報発信中!

♪ フェイスブックにも『花の風まつり』のグループ(情報共有ページ・公開)があります。
フェイスブックアカウントをお持ちの方はどうぞご参加下さい。

「花の風まつり 2013」 動き始めました!

2013 年 2 月 16 日 土曜日 ★posted by『hirocraft』★

11回目を迎えました那珂川町で5月のGWに開かれる住民イベント「花の風まつり」では、参加者やサポーターを募集しています。
「花の風まつり2013 4/29~5/5」 http://hana-kaze.net/

【参加者】    ※原則として町内在住者。
◆新規参加者として自宅等でイベントを企画される方。
(音楽会、展覧会、写真展、各種体験、手作り品販売、おもてなし・・・)
◆ご自宅の竹林で「タケノコ堀り」イベントを開いて下さるお宅。
◆新鮮なタケノコをご提供いただけるお宅。
◆タケノコ料理を提供してくださるお店や個人。
◆子供駄菓子店や移動駄菓子店を開いて下さる方。
◆民家の庭先等でおもてなし(お茶やお新香)をして下さるお宅。

※販売を伴う方は参加費5000円、それ以外の方は参加費無料。
※公式期間は4/29~5/5ですが、参加の期間は1日から可能です。、

【サポーター】    ※町内外を問いません。
◆チラシ(マップ)をおいて下さるお店や施設、または那珂川町周辺に配布してくださる方。
◆カンパをして下さる企業や個人。
◆事前準備やまつり期間中に各所で手伝って下さる方。
◆まつりの事前にブログやHP等で宣伝してくださる方。
◆新聞、テレビ、ラジオ等のメディアへ宣伝して下さる方
◆まつり期間中、各所を回ってブログ等でレポートして下さる方。

お問い合わせは、メール(info@hirocraft.com)か、乾徳寺(TEL0287-92-2247)へお願いします。

また、参加者の集まる準備会が2月27日(AM11時)に乾徳寺でありますので(昼食付!)、参加希望の方はご出席下さい。

00-花の風2012うら

00-花の風2012おもて

「おひなまつり」 のごあんない

2013 年 1 月 31 日 木曜日 ★posted by『hirocraft』★

馬頭の禅寺の乾徳寺で「おひなまつり」が開かれます。

上絵、イラスト、陶器、漆、フェルト、ガラス・・・いろいろな作家さんが作られたおひなさまの展覧会です。
IMG_0007IMG_0004
 
2013年2月9日(土)~14日(木) 10:00~16:00
乾徳寺様和室にて(馬頭広重美術館奥)

     あなただけの
     小さなおひなさまと
     出会えますように…

お問い合わせ 那珂川町小砂3718-1 0287-93-0879 やまさきまで

【那珂良しラジオ】乾徳寺 大般若節分会

2013 年 1 月 31 日 木曜日 ★posted by『batoinfo』★

暦の上で春を迎える春分の前日が「節分」・・

みなさんのお宅でも2月3日の節分には恵方巻きを食べたり
豆まきをしたりと日本の古き良き伝統行事を楽しく行って
いるのではないでしょうか♪
(ノ*’▽’)ノ ・’:*:・゚’

国道293号線沿い馬頭広重美術館隣りに位置する
「龍澤山 乾徳寺」(りゅうたくさん けんとくじ)では年2月1日に「大般若節分会」(だいはんにゃ せつぶんえ)
という節分行事を行っています。

厄年の方はもちろん、この時期受験の合格祈願や家内安全
商売繁盛といった様々なお願い事をご祈祷して頂く節分会。
(m。_。)m

お寺での行事と言っても堅苦しくもなく宗派も問わずどなたでも
気軽に参加できます。

(o´∀`o) ゜+。:..:。+゜

「大般若節分会」ではどのようなことが行われるのでしょう!

まずは厄年の方をはじめとするご祈祷を依頼された方の
「祈祷法要」が行われます。
m(_ _)m

そして「転読経」が行われます。「読経」や「写経」はご存知かと
思いますが「転読経」って聞きなれないですよね。

「転読経」の「経典」は西遊記でおなじみ「三蔵法師」がインドから
持ち帰りサンスクリット語を中国語に翻訳したものなのだそうです。
φ(・_・。

ちょっと脱線しますがこの「三蔵法師」と言うのは実は総称で
「仏教の経蔵・律蔵・論蔵の三蔵に精通した僧侶(法師)」のことで
西遊記の三蔵法師は「玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)」と言う
「三蔵法師」のひとりなのだそうですよ(笑)
(*・O・)/

さてそんな三蔵法師が持ち帰った経典は600巻。
10巻の経典を1ケースに入れたのもが60束もあるのでこれを全部読んだら・・
1冊読むのにおよそ40分程・・つまり40分×600巻=24000分
400時間と言うことは17日ほどかかっちゃうんですね(笑)
ギョッ!Σ(・oノ)ノ

むかーしは全部読んでいたというこの経典をパラパラパラパラパラ~っと
トランプを美しく飛ばすマジシャンさながら・・まぁトランプのように
バラバラではなく繋がってはいますが。
(゜0゜)屮 WwwwwwwwwwwwwwwW

この時にふわっと起きる「風」を「転読経の風」といってこの風を
浴びることで「加持祈祷」になるのだそうです。

この「加持祈祷」とは「加」=仏様の力「持」=自分の持っている力の
ことで仏様の力・功徳を頂いて自分を100%に高めることが出来るとのこと。

ご祈祷を依頼しなくても心にこの風を受けることで気持ちが少し
元気になれる・・
(´∀`).☆.。.:*・

知ってみると仰々しい行事のような「大般若節分会」もとても
気軽に出かけられるものだったのですね。

ならば私も風を起こすぞ!!・・とチャレンジしてみたものの・・
う~ん・・難しい・・コツがいるんですね(笑)
|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

節分行事と言えば「豆まき」「がらまき」ですね♪
乾徳寺の「がらまき」はご祈祷終了後に本堂の中で行われます。
御寄進されたがらまき用のお菓子もずらーっと♪用意されていました。

元々「がらまき」は地元の「育成会」の行事の一環として
思い出づくりに始まり、境内に屋台を組んで年々盛大になっていった
のもも盛大になればなるほど壮絶な争奪戦になってしまい
中には怪我をされる方の姿も・・そこで考案されたのが
「本堂」でのがらまき。
(*´∀`)ノ゚.:。+゚ \\(^▽^*)o

こうすることで「がらまき」によくある「争奪戦」的要素はなく
なんと前の方の方は座ったままという危なくないがらまきが実現しました。

撒く方もそっと優しく受け取りやすいように投げるので
小さなお子さんでも安心して安全に楽しむことが出来るそうです。

この世にある万物は全て必要なもの・・この世に鬼はいないの。
だから・・「福はうち」

(;○□○)ェ!! ゜・.:\(^∀^*)ヽ□それっ♪

本堂内なので入れる人数には限りがありますが・・
乾徳寺の「大般若節分会」♪転読経の風に触れ心を100%にしませんか?
暦の上では新しい春はもうすぐそこです。
☆.。.:*・°ヾ(●´∀`)ノhappyヾ(´∀`●)ノ☆.。.:*・°

龍澤山 乾徳寺

アクセス: 那珂川町馬頭114
      国道293号線沿い(馬頭広重美術館お隣)
      
※大般若節分会

 日時:  2月1日(金)11:00~

 祈祷:  ご祈祷とお札で2000円

 お申込み:1月31日(木)【お電話にてお問い合わせください】

問合わせ: 0287-92-2247
         
*********************************************

【那珂良しラジオ】那珂川町のたばこ産業

2013 年 1 月 11 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

1946(昭和21)年1月13日
高級たばこ「ピース」が発売されたことを記念して、
〈 1月13日 〉は たばこの日 に制定されています。

そして那珂川町は だるま葉の発祥の地でもあるんです。
果たして、どんなタバコのルーツがあるのか!?

在来種葉たばこの1つ だるま葉は
那珂川町の『 別雷(わけいかづち)神社 』が発祥と云われています。

別雷神社は もともと「 藤慶山 香林寺 」というお寺で、
その香林寺の和尚“相阿和尚”が
群馬県で手に入れた葉たばこの種子をお寺の境内にまき、育てたことから
ここ 別雷神社が“だるま葉”の起源とされ、
代々『 たばこ神社 』として地域のみなさんから親しまれてきました。

境内には、相阿和尚煙草創栽地の碑 や 煙草創栽碑、
町の煙草産業に大きく寄与した大森 鐵之助(てつのすけ)の銅像があり

拝殿には、旧・馬頭葉煙草専売所に飾られていたという
当時のたばこの銘柄(白梅、あやめ、福寿草…など)を題材とした
和歌の写しも保管されています。

60年前には2250戸余りもあった町内の葉タバコ農家は
今では 3戸 まで減ってしまいました。

たばこ栽培は、

1-2月 肥料となる落ち葉の収穫・こも(むしろ)編み
 3月  種まき
7-8月 たばこ収穫・乾燥
12月  出荷

と 1年がかりの作業です。

那珂川町のたばこ農家は 現在、JTの契約農家として たばこを栽培し、
作業が簡略化されているところもありますが、
収穫作業 や 葉を干すために縄に編み込む作業、竹くぎを刺す作業 など
昔と変わらず 大変な作業です。

那珂川町で収穫された だるま葉 は、
他の葉タバコとブレンドをして 葉巻となります。

ちょっぴり贅沢な 大人の嗜好品 として
今でも那珂川町の葉タバコが 愛され使われ続けているのも
こうした農家の方々の努力と、
たばこ神社の相阿和尚が見守ってくれているからなのかもしれませんね(・∀・)ノ

*********************************
◎ 別雷神社
 栃木県那須郡那珂川町馬頭102

【那珂良しラジオ】富山のささら舞

2012 年 10 月 5 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

栃木県の指定無形民族文化財にも登録されている
“ 富 山 の さ さ ら 舞 ”

三匹の獅子に、フクベとスッコが舞い踊ります!
しかも、手には赤いバット(!?)・・・みたいな

今年のささら舞は、10月7日(日)
諏訪神社の例大祭に奉納されます。

“富山のささら舞”は、
寛永14年(1637年)から350年以上も続く、
伝統的なお祭りです。
 
しかし、この ささら舞 。

何を隠そう

『 奇祭 』 ・・・なんです。

ささら舞を踊るのは、
二匹の雄獅子♂と一匹の雌獅子♀。
そしてフクベ 1人とスッコ 2人 の 計6人。

舞 の内容は・・・

二匹の雄獅子♂ が 一匹の雌獅子♀ を争奪する

という 何だか 身の回りにもありそうなストーリー。

そしてフクベとスッコは、
雄獅子を誘う道化役として、
三匹の獅子をリードしながらユーモラスに舞います。

フクベとスッコのヒョットコ面も 一見の価値あり!
手前中央がフクベさんで、奥の2つがスッコさんです。

なんともリアリティのあるお面・・・。
お三方とも、どこかでお会いしたことのあるような
顔をしていますよね!

でも、面をつけると この顔も
踊り手の顔に だんだん似てくるんだとか!?

踊り というも、
地団駄を踏んだり、背中を合わせて のけ反ったり、
かがんで肩を押し合ったり・・・

それは それは、日本の伝統芸能では見たことのないような
動きばかりです。

さらに、スッコは竹で作った楽器のササラを持ち、
フクベは、先を紅い紙で覆った
長さ 約1mほどのサンショノボウを持ちます。
(↑これが意外に重い!)

フクベは、舞いの途中
赤い棒を振り回しながらΣ(゚д゚lll) 歩き回りますが、

この棒に 触れると幸せになれる とか、子宝に恵まれる とか

の云われがあり、

観客のみなさんは、これに触ったり、
強制的に触らせられるとか つつかれるとか・・・

とにもかくにも、フクベは、私たちに“フク”を届けてくれます!
触れるか、触れぬ かは、あなた次第です(・∀・)b゙

踊り手たちは、一年間(9月からは毎晩!!)練習を重ねてきました。
ぜひ、他に類をみない『 奇祭 』を 体感してみてください♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
○ 日時
  2012年10月7日(日)
  神事:午前10時~ / ささら舞:午前11時~
 
○ 場所
  諏訪神社( 那珂川町富山703 )

詳しい情報はこちらから♪
www.berry.co.jp

【那珂良しラジオ】馬頭院

2012 年 6 月 15 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

寛永5年 6月10日。
初代 水戸藩主 徳川頼房の三男として生まれたのが
“ 水戸黄門 ”でおなじみ 水戸光圀公です。

那珂川町は、かつて水戸藩領であったこともあり
水戸光圀公が何度も訪れている縁の地です。

今回はそのなかのひとつ『 馬頭院 』をご紹介しています。

建保5年(1217年) 今からおよそ800年前に
“ 馬頭院 ”は光宝和尚により開創されました。

しかし、当時の寺名は「勝軍山 地蔵院 十輪寺」で
元禄5年(1692年)に、寺名を「武茂山 十輪寺 馬頭院」に改めたのが、
水戸光圀公です。

さらに光圀公は、“地蔵菩薩”から“馬頭観世音菩薩”に、
本尊をも改めました。

何やら光圀公は霊感のあるお方で・・・
この世のものではないものが見えた・・・

訳ではなく、今 馬頭院がある場所に
霊験あらたかなものを感じたようです。

また 本堂の欄間には 二十四孝(中国の親孝行に纏わる二十四の物語)の
9つのストーリーが彫られています。

仏教のお寺で 儒教の彫刻はめずらしいのですが、
これは光圀公が 儒教に大変、造詣の深い方だったからとされています。

そして馬頭院で忘れてならないのが『 三度栗 』。

これは「 枝垂栗 」という栗の種類で、
光圀公が馬頭院を訪れた際に記念樹として植えたと云われています。

一年に三回花を咲かせ 実を付ける
      
      ので

      三度栗

という説を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、

実は、『 三斗栗 』だったのではないか・・・

という説もあるそうです。

“斗”には 「たくさんの」という意味もあり、
この栗の木は 毎年 取りきれないほど多くの実を付けるそうです。

真相の程はわかりませんが、いろんな空想を膨らませながら
境内を歩くのも すごく楽しいですよね。

他にも境内にはソメイヨシノやシダレザクラ、モミジやイチョウなど、
様々な植物が植えられ、四季折々の美しい風景を楽しむことが出来ます。

水戸光圀公が かつて那珂川町を漫遊したように、
ぜひ馬頭院に足を運び、過去に思いを馳せてみてはどうでしょうか?

「ほほえみ立木観音と百体のほとけ様たち」

2012 年 4 月 22 日 日曜日 ★posted by『hirocraft』★

乾徳寺で昨年伐採された樹齢330年のサワラの樹の切り株に、町内の彫師・岡倉石朋さんが震災供養と復興を願い「ほほえみ立木観音と百体のほとけ様たち」を彫りました。
4月29日(日) 11時30分より開眼法要が行われます。
どうぞご参加下さい。

広重 春まつり

2012 年 4 月 20 日 金曜日 ★posted by『hirocraft』★

商工会の部外者ですが、とても楽しそうなチラシだったので勝手に紹介させていただきます。
チラシを良く見ると楽しい事お得な事が満載です。
お見逃しなく!
——————————————————————
5/1~5/5まで、那珂川町馬頭商店街で、「広重 春まつり」を開催します。
静神社春例大祭「たけのこ祭」「花の風まつり」も同時開催!!どうぞ皆さまお出かけください。

詳しくはこちらへ

『第10回 花の風まつり』のチラシ完成

2012 年 4 月 13 日 金曜日 ★posted by『hirocraft』★

『第10回 花の風まつり』のチラシが完成しました~!

観光協会はじめ町内各所で配布されていますので、お手にとって、あちこちの会場の楽しい事を想像し「花の風まつり」を楽しむ日を決めて早速カレンダーに花丸をお付け下さい。
遠方の方は、1日ではまわりきれませんので是非お泊りでどうぞ。

10周年の特別企画をお楽しみに!

今年は、約80団体!(55箇所)。 昨年は震災の影響で縮小しましたから、皆さん張り切っていますよ。

この日程一覧表で、ご参加イベントの開催日をよ~く御確認下さいね。

 
 
「花の風まつり」関連サイトにも是非お立ち寄り下さい。

  ■「花の風まつり」公式サイト 
     各主催者へのサイトリンクや、第2回以降のチラシの変遷が見られます。必見!
  ■フェイスブックの「花の風まつり」交流サイト
     まつり参加者だけでなく、毎年まつりを楽しみしている客様、
     「花の風まつり」って何?という未体験の方々もぜひ御参加ください。

【那珂良しラジオ】観音寺 枝垂桜

2012 年 4 月 13 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

那珂川町吉田にある「観音寺」の枝垂桜

国道294号線の那須烏山街道を走っていると
一際目につく立派な枝垂桜は昭和46年10月に
町の天然記念物・指定樹木にも指定され
平成元年6月15日県民の日に公表された
「とちぎの名木百選」に選ばれています♪

観音寺の敷地内には名木として名高い枝垂桜と、その子供の枝垂桜
そして東日本大震災にも耐え抜いた福島県の樹齢1000年と言われる
「三春の滝桜」の3本があり毎年地元の人ばかりではなく
県内外から多くの方が訪れる桜の名所です。

どんな桜なのか・・観音寺の檀徒総代 代表の塚原さんに伺いました♪

首を最大まで反り返らせて見上げる枝垂桜は
正確な高さはわかりませんが13m~14mくらいでしょうか・・

地面から3m位のところから大きくYの字に枝を伸ばし、更に上へ・横へと枝を
延ばしています。これだけの巨木なので太い枝はそれぞれ支柱で支えられています。

しっかりと大地に根を張った枝垂桜の幹の周りを図ってみたら・・
なんと3m75㎝もありました!!

  
塚原さんによると観音寺の枝垂桜は開基した1534年頃に植えられたと
伝えられていて・・逆算すると樹齢478年!!

実際現地には立て看板があり「樹齢 推定250年」とあるのですが
実はこの数字は幹の太さなどから推定されたものなのだそうです(笑)

ただしこの観音寺自身が若干移転しているので
元々ここにあったのか桜も移植されたのか
はたまた新たに植えられたものなのか・・

真相は歴史の証人がいないので謎ではありますが(笑)
どうやら昔から伝承されている言い伝えどおり450年以上と
言う方が信憑性がありそうです♪

この枝垂桜は昔から地元の方が定期的に刈り払い・手入れを続けてきましたが
平成4年頃には樹の勢いが衰えてきたため専門の樹木医の方の
お力を借りて補強を施し再び元気を取り戻し見事な花を咲かせ
続けているのです♪

遥か昔から地元を見守り続けて来た観音寺の枝垂桜・・

今では隣に子孫を増やし更に敷地内には三春の滝桜も加え
3本の枝垂桜は今も変わらず多くの方に愛され続けています♪

地元の方にとっては先祖が残してくれた自慢の桜なのだそうです

これほどの桜を見られるのは栃木県内でもなかなかないと思います♪
思わずため息が出るほどの桜の下でおべんとうを広げてお花見は如何でしょうか?

春っていいですね♪

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

観音寺の枝垂桜
        
     
アククセス  那珂川町吉田444
       国道293号線 旭町の交差点を那須烏山方面におよそ400m
      
     
問合せ    那珂川町 観光協会 0287-92-5757

樺島弘文氏による文書や紹介記事等

2012 年 3 月 23 日 金曜日 ★posted by『hirocraft』★

樺島弘文氏による文書や紹介記事等で、ネットで公開されている情報を集めてみました。

(2012年3月現在。 リンク切れの際は御了承下さい。)

 
 
【田舎暮らし日記】

■元プレジデント編集長の田舎暮らし奮闘記 [日経BP社]
   第1回(2010年1月)~201回(2009年4月)

   第202回(2009年4月)~215回(2009年8月)

   第216回(2009年8月)~235回(2010年1月)

   第236回(2010年1月)~255回(2010年5月)

    ※掲載された樺島氏撮影の写真一覧(約1500枚)

 
【樺島氏紹介記事】

 ■かしこい行き方のススメ 第74回文筆業 樺島弘文さん  [NTTコムウェア]

 ■我が街この人 vol.78(まいぷれなす)

 
【樺島氏による取材記事】

 ■PRESIDENT関係の取材記事一覧 [PRESIDENT社]
   (全文読めます)  
  ・生物学者 池田清彦さん
  ・移住ツアー:百聞は一見にしかず。1泊2日の「田舎暮らし」取材
  ・ヒットの秘密「この指止まれ」と「壁打ち」
  ・クラインガルテン:団塊の世代を虜にする年40万円の「二地域居住」
  ・週末農業:全員で収穫の喜びを分かち合う「共同農場」
  ・頑張ってもらったことに今度は私が応えなくては
  ・イタバシニットの屋台骨、気仙沼工場
  ・「工場は残っているのか。従業員は無事なのか」
  ・俳優 村上弘明さん
  ・祝世界一!「なでしこJAPAN」あきらめない力の秘密
  ・若き経営者兄弟「父への思い、地元民との約束」
  ・TOTO社長 張本邦雄さん
  ・元国連事務次長 明石 康さん
  ・“土かまどで料理”物欲から解放される田舎生活
  ・20億円の取引より1万5000円のバッグを売る喜び
  ・数百億の取引から230円のドーナツ販売へ
  ・お茶の水女子大学教授 土屋賢二さん
  ・俳人・角川春樹事務所特別顧問 角川春樹さん

 ■樺島弘文氏執筆記事一覧 [国立国会図書館]
  (検索リストのみ)
 
【樺島氏著作】

 ■会社を辞めて田舎へGO! [飛鳥新社 (2004/09)]

 ■馬頭のカバちゃん―田舎暮らし奮闘記 [日経BP社 (2006/07)]

 ■小林陽太郎 ― 「性善説」の経営者[プレジデント社 (2012/4/7)]
  
 

【那珂良しラジオ】長泉寺 節分追儺式

2012 年 2 月 1 日 水曜日 ★posted by『batoinfo』★

日本には古来から伝わる「伝統行事」が数多くあります。
大人になってから思い出すと家族の風景って案外そんな
行事の中にあったりもしませんか?

間もなく立春・・各ご家庭でも節分の豆まきなどを
行ったり恵方巻きを召し上がる方も多いのではないでしょうか♪

今回Shinlyさんが那珂川町白久(しらく)にあります 白久山 長泉寺で

「節分追儺式」

に参加してきました♪

当日は午後3時から祈祷法要が行われ、年女・年男・ご祈祷主のほか那珂川町立南小学校の6年生たちおよそ
70名ほどが三重塔と対峙する鐘楼(鐘つき堂)の2か所で「がらまき」
を行いました。

鬼は~外っ!福は~内っ!!鬼ハ外ォ∴\(∀・=・∀)/∴福ハ内ィ

おっと!!!

ご住職が優しい笑顔でおっしゃっていましたね

「世の中に鬼はいないんだよ」

と・・いいお言葉でしたね♪

福は~内っ!福はぁ内♪ ゜・.:\(^∀^*)ヽ□

当日はたくさんの方が「がらまき」に参加し寒さを忘れて熱く争奪戦を繰り広げていました♪

まっその中の1人は僕なんですけどね(笑)

【那珂良しラジオ】鷲子山上神社 夜祭り

2011 年 11 月 29 日 火曜日 ★posted by『batoinfo』★

11月19日(土) 鷲子山上神社の大祭「夜祭り」に行ってきました。
あいにくの天候のなか行われた夜祭りでしたが、
雨音、雨粒によって広がる温かな光と、
より幻想的な神事を体験することができました。

11月19日(土)は、朝からあいにくの雨。

夕方までに降り止む様子もなく、
雨が降りしきる中、鷲子山上神社の夜祭りが行われました。

午後5時。

辺りはもう、すっかり暗くなり、境内のライトの光の筋も
はっきりと見えるようになってきました。

鷲子山上神社の黄色から赤のグラデーションに染まった
もみじの木には、さらにライトのオレンジ色が加えられ、より一層、美しさを増していました。

午後5時半。

社務所の前に、白い装束を身にまとった6人の神職のみなさん、そして3人の総代の方々が、ずらりと並びはじめました。

みなさん、手には提灯を持っており、その姿・様子は
まさに江戸時代にタイムスリップしたようでした。

鷲子山上神社の夜祭りは、
本宮祭・本殿祭・三本杉祭の3つのお祭りからなっており、
境内のなかの本宮、本殿、三本杉神社を順にお参りしていきます。

まず、はじめは本宮。
本宮は、金色の大フクロウ像が鎮座しているところです。

神職のみなさんを先頭に、
朱色の鳥居・綺麗に色づいたもみじのトンネルをくぐり抜け、
本宮へ向かいます。

石段上の本宮では、大フクロウ像が見守るなか、一つ目の神事が静かに執り行われました。

そのあとはもう一度、社務所へと戻り、
三本杉神社・本殿での所作を神職のみなさんで確認。

いよいよ、フクロウ(片道 96段、往復 二の96段)の階段をあがり、本殿へ向かいます。
暗闇のなか、わずかの明かりを頼りに、
一段一段、足元を確認しながら、
いつもよりもじっくり時間をかけて、本殿へと辿りつきます。

本来ならば、先に、本殿脇に立つ三本杉神社の前で神事を行うのですが、
この日は雨のため、本殿内にむしろを三本杉神社に向かって敷いて、
祝詞をあげました。

そして残すは、本殿での神事です。
拝殿の奥、扉に隠された向こう側には、階段があり
普段は見ることができない御神体を収める本殿を
目にすることができました。

扉が開いた瞬間、姿は見えないものの、
神様がそこにいるような感じがしました。

祝詞をあげ、柚子やお神酒、黒豆、お団子をお供えした後、
神職のみなさんがこれらを口にし、
参列していた私たちにもお神酒、黒豆、お団子が振舞われました。

一夜造りの甘酒、味のついていない黒豆、お団子。
お団子と黒豆はヒギ(栗の木片の盛皿)に盛られており、
ヒギは持ち帰ることができます。

どれも素材の味が活かされた昔ながらの味で、
神様にお供えした同じものを、同じ場所で、
頂くことで、さらに美味しく味わうことができました。

まさに、神人共食の体験でした。

帰りには、「福たまご」のお土産も頂くこともできました。

『神様は、この世の不浄をとても嫌います。
 今年は様々なことがありました。
 この日の雨は、悲しみや苦しみを流すための雨なんです。』

最後に、長倉宮司からこんなお話を頂きました。

その証拠に、夜祭りが終わると雨脚は弱くなり、
あっという間に止んでしまいました。

ほかにはなかなか見ることができない、この伝統的な神事。
来年は、ぜひみなさんも体験してみてください。

第8回広重紅葉まつり

2011 年 11 月 25 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

「那珂川町南町商店会」さんのブログより引用です。

***************************************

11月27日(日曜日)第8回広重紅葉まつり開催

※第30回ゆりがねマラソン大会と同時開催

※駐車場完備

(室町交差点~田町交差点まで歩行者天国)AM8:00~PM5:00
心のふるさと馬頭へみんなで行こうよ!!多彩なイベント、南町商店会も真心サービスでおもてなし!!是非おいでください!!
☆二大寺院紅葉巡り
◎馬頭院・水戸黄門ゆかりの寺(黄門様お手植えの、年に3度花が咲く三度栗)
◎乾徳寺・紅葉千本、せせらぎの小径、喫茶去

【アトラクション1】 10:00~14:00 広重イベント広場(南町小公園)
●ちびっ子ワールド(わくわくバルーン)10:10~10:30
●よさこいソーラン夢っ子10:30~11:00
●遠藤かすみショー(ミュージックポスト専属)11:00~11:30
●馬頭中学校ブラスバンド部演奏12:00~12:30
●ちびっ子ワールド(わくわくバルーン)12:40~13:00
●北村竜二ショー(テイチク専属)13:00~14:00

【アトラクション2】酒蔵コンサート15:00~16:30
●大澤ゆうと(小学2年生)バイオリンコンサート15:00~5:30
●石の蔵ビュースタジオジャズコンサート15:30~16:30

【地元名産物出店】
●新そば感謝祭(那珂川町そば生産組合)
●しいたけ・なめこ・新鮮野菜直売(軽トラ)
●揚げたてメンチ・コロッケ等販売

☆馬頭高校水産科生徒の活動コーナー(水産科生徒製造による那珂川町産鮭使用”魚醤”の販売他)10:00~15:00

☆広重美術館無料開放9:30~19:30
◆美術館正門付近ライトアップ◆がんばろう栃木!特別展(川瀬巴水:栃木からの旅路展)◆美術館内アプローチ「雪月花」リニューアルオープン

☆郷土資料館常設展9:00~16:00◆那珂川町のたばこ栽培の今昔

主催:那珂川町商工会まちづくり委員会
後援:那珂川町・那珂川町商工会・那珂川町観光協会・馬頭広重美術館
連絡先:那珂川町商工会TEL0287-92-2249 那珂川町観光協会TEL0287-92-5757
※画像は2010第7回広重紅葉まつり

「花の風まつり」5月5日まで開催中!

2011 年 5 月 2 日 月曜日 ★posted by『hirocraft』★

ただいま、那珂川町のあちこちでいろんな催し物が開かれている「花の風まつり」開催中です。

5月5日まで開催しますので、是非お越し下さい。

すでに連休前半に、各会場でたくさんの出会いや笑顔が咲き誇ったようです。

イベントの報告やこれからの告知をしているサイトをを集めてみましたので、是非お見逃し無く。

「花の風まつり」チラシはこちらへ

花風ブログ2011

ファイル 55-2.jpg ファイル 55-3.jpg

ファイル 64-2.jpg ファイル 62-3.jpg

hana-kaze.net

市川窯

KC3X0094.jpg nonohana3-bonsai6.jpg

えほんの丘美術館

馬頭院

ファイル 60-2.jpg

いさみ館

M+ cafe へようこそ

こころのキズナ

2011_0430_132919 IMG_7608.jpg

ヒロクラフト

野山であそぼっ

2011_0430_123948 2011_0430_112447

寅さん日記

「花の風まつり」のご案内

2011 年 4 月 29 日 金曜日 ★posted by『hirocraft』★

花の風まつりのチラシが完成しました。

今年は新聞折込はしませんので、那珂川町観光センタ-や花の風まつり開催店等で配布していますのでぜひお手に取ってください。

下記のPDFファイルでもダウンロードできます。

また、開催者によっては、さらに詳しいチラシを作っていますので、那珂川町観光センタ-等で入手してください。

PDFファイル(表面)

PDFファイル(地図面)

どうぞ、GWは那珂川町の「花の風まつり」お楽しみください。

花の風祭り・馬頭院『写経体験コース』

2011 年 4 月 29 日 金曜日 ★posted by『batoinfo』★

花の風祭り『写経体験コース』

那珂川町馬頭にある、馬頭院の本堂にて、心静かに写経を体験してみませんか?
期間は、ゴールデンウィーク中の5月1日〜5月5日。
費用は無料。硯、筆、筆ペン などは当山で用意してございます。
初心者向けの書きやすいものから、上級者向けまでございます。
お子様でも楽しめますのでお気軽にお出かけください。

詳しくは、馬頭観世音・馬頭院 webサイト → http://bato.in/をご覧ください。

馬頭院の地図はこちら 
●住所:栃木県那須郡那珂川町馬頭188

大きな地図で見る